「サンカヨウ」英語は2つ?!ネイティブが使うのはどれ?

この記事は約 2 分で読めます。

今回紹介する英語は「サンカヨウ」です。

 

サンカヨウは、5月頃から梅雨の時期に、

5~7日ほど可憐な白い花を咲かせる植物。

 

弱い雨が長く降り白い花びらに当ると、

ガラスのように透き通り綺麗ですよね。

 

条件が揃って花がガラス細工のような

姿をみせても開花時期が短く、

少しの衝撃で散ってしまうことから、

透明な花を見られるのは稀です。

 

そんな人を魅了する「サンカヨウ」が

英語でどうやって表現するのか

見ていきましょう。

「サンカヨウ」の英語は2つ?


 

「サンカヨウ」は日本に自生しており、

大山以北の本州や北海道、

サハリンで見られます。

 

花が終わり夏の終わりごろには、

ブルーベリーに似た青紫で楕円形の実をつけ、

食べると甘酸っぱい味がするんですよ。

 

そんなサンカヨウを表す英語は

以下の2つです。

①「Diphylleia grayi」

②「umbrella leaf」

 

では、この2つの英語には

それぞれどのような違いがあるのか

見ていきましょう。
 

スポンサーリンク


「サンカヨウ」のネイティブが使う英語は?

①「Diphylleia grayi」
 

 
【発音:ディフェリア グレイ】

Diphylleiaの「dis=2つの」を意味し、

「phyllon=葉」を表しています。

 

これは、

1本の茎に2つの葉がつくことから、

つけられています。

 

「grayi」は、北アメリカで

もっとも重要な植物学者、

「Asa Gray(エイサ・グレイ)」

の名前が使われています。

 

「Diphylleia grayi」は、

学名なので一般的には

使われることはありません。

 

②「umbrella leaf」
 

 
【発音:アンブレェラァ リィーフ】

【発音記号:ʌmbrélə líːf】

縮れた毛を持つ厚みのある葉は、

雨をはじくかのように頑丈です。

 

その大きな葉っぱは傘のように見えるため、

一般的に「umbrella leaf」

と呼ばれています。

 

以上、サンカヨウの英語について

ご紹介しました。

 

一般的にサンカヨウを表す場合は

「umbrella leaf」と使います。

 

これは原産地の日本ですが、

幻想的な花として人気の高い花です。

 

花が好きな人では

会話に出てくることもあるので

この機会に覚えておてい下さいね。

「サンカヨウ」の花言葉は?
 

こんな記事もあります!

サイトナビ!

SNSでシェアしよう!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ