「ブルーデージー」の英語は3つ!?ネイティブが使うのはどれ?

この記事は約 2 分で読めます。

今回紹介する英語は春や秋に

鮮やかな青紫色の花を咲かせる

「ブルーデージー」です。

 

原産地は南アフリカで

ヨーロッパを経由して日本にやってきました。

 

そんな「ブルーデージー」は

英語では表現がいくつかあり、

どれを使えば良いか悩む単語です。

 

そこで今回はネイティブが使う

「ブルーデージー」の英語について

紹介したいと思います。

◇合わせて読みたい記事

花の「英語名」一覧!(300種類以上!)

「ブルーデージー」の3つの英語は?

実は「ブルーデージー」は本来

1m近く大きくなる低木の多年草ですが、

日本では寄せ植えなどによく用いられ

1年草として捉えられています。

そんな「ブルーデージー」を

表す英語は以下の3つです。

①「Felicia amelloides」

②「Blue daisy」

③「Blue marguerite」

 

では、この3つの英語には

どのような違いがあるのか?

一般的にはどの名で呼ばれるのか?

見ていきたいと思います。

スポンサーリンク


「ブルーデージー」のネイティブが使う英語は?

①「Felicia amelloides」

【発音:フェリシア アメロイデス】

 

「Felicia amelloides」は

「ブルーデージー」の学名です。

 

「Felicia」はヨーロッパ人の

名前にもよく使われる

ギリシャ語の

「felix(恵まれていること)」

が語源です。

 

これは、「ブルーデージー」の

花の数が多いことが

由来とされています。

 

また、

「amelloides」は

「Amellus」が語源です。

 

「Amellus」とは

Amellus属(シオン属)という

キク科の植物を指します。

「ブルーデージー」が

このシオン属の植物に似ていることから

名づけられました。

 

ただし、

「Felicia amelloides」は学名なので

一般的にはあまり使われません。

 

②「Blue daisy」

【発音:blúː déizi】

【発音:ブルーデイジー】

 

英語でも日本語と同じく

「Blue daisy」(ブルーデージー)

と呼ばれます。

 

花で英語が全く同じなのは珍しいですね。

 

「daisy」とはキク科の花のことで

日本でもデイジーとして知られており、

雛菊(ヒナギク)という名前でも

親しまれる花です。

ちなみに「ブルーデージー」は

和名で瑠璃雛菊(ルリヒナギク)

と言います。

 

見た目の通り、

青く雛菊に似ていることから

この名がつけられました。

 

③「Blue marguerite」

【発音:blúː mɑ`ːrgəríːt】

【発音:ブルー マーガレット】

 

「Blue daisy」と同じような表現ですが、

「Blue marguerite」とも呼ばれます。

 

「marguerite」もキク科の花のことで、

和名ではモクシュンギクと言われます。

 

日本でもマーガレットという名前の方が

浸透しているでしょう。

これは漫画雑誌の名前になるほど

有名で人気の花ですよね。

 

同じキク科ということもあり、

マーガレットにも似ていることから

この名で呼ばれています。

 

どうでしたか?

一般的に「ブルーデージー」を表す場合は

「Blue daisy」

を使うのが無難です。

 

日本だけでなく海外でも人気の花なので、

覚えておいて損はない英語ですね。

 

また、この花をもっと詳しく知りたい方は

こちらも読んでみて下さいね。

ブルーデージーの花言葉は?由来や風水効果も!
 

こんな記事もあります!

サイトナビ!

SNSでシェアしよう!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ