「カンパニュラ」の英語は4つ!?ネイティブが使うのはどれ?

この記事は約 2 分で読めます。

今回紹介する英語は

「カンパニュラ」という花です。

 

カンパニュラの英語は

英語検定には出題されませんが、

花が好きな方ならば

覚えておくと会話の幅が広がるでしょう。

 

そして、この英語は日本語と英語で

まったく違う表現を使うので、

間違いやすい英単語になります。

 

今回はそんな

ネイティブが使う「カンパニュラ」の英語

についてまとめました。
 

「カンパニュラ」の英語は4つ!?

では、さっそく

どんな英語があるのか見ていきましょう!

 

カンパニュラの英単語は

➀「Canterbury bell」

(ˈkantəb(ə)ri bél)

➁「Campanula」

(kæmpˈænjʊlə)

➂「Bellflower」

(bɛ́lflàʊɚ)

➃「Canpanula medium」

(kæmpˈænjʊlə míːdiəm)

以上の4種類になります。

 

どの英単語もカンパニュラを指すので

一体どれを覚えたらいいのか

悩む方が多いと思います。

 

それでは、

一つ一つ見ていきましょう!

スポンサーリンク


「カンパニュラ」のネイティブが使う英語は?

➀「Canterbury bell」

この英単語は日本語で

「カンパニュラ・英語」

と調べると、だいたい始めに出てくる

サイト英語訳です。

 

しかし正直、

海外ではこの単語はあまり使用しません。

 

➁「Campanula」

この英単語が

カタカナ英語の元になりました。

 

発音もほとんど同じで

「カンパニュラ」になります。

 

しかし、この英単語より

一般的に知られている単語があるので、

今回はこの英単語は

正解ではありません。

 

➂「Bellflower」

これが海外で一般的によく知られている

英単語になります。

 

日本でも「ベルフラワー」と

呼ばれることがあるようですが

一般的には、「カンパニュラ」のようです。

 

海外でカンパニュラを探す場合は

この単語を使いましょう。

 

➃「Canpanula medium」

これも「カンパニュラ」を指しますが

学名になるので

普段使うことはあまりありませんので

覚えていなくても問題はないでしょう。

 

ということで、

ネイティブが使うとしたら

一般的に知られている

➂番目の英語「Bellflower」

になるでしょう。

 

発音も日本語に近いので

発音しやすく覚えやすいでしょう。

 

ちなみに、花言葉は

・Gratitude:感謝

・Constancy:不変、節操

カンパニュラの花言葉、由来はまとめ!

いつもお世話になっている家族や友人に

プレゼントしても良いかもしれませんね。

 

こんな記事もあります!

サイトナビ!

SNSでシェアしよう!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ