スノーフレーク(鈴蘭水仙)の英語は3つ!?ネイティブが使うのはどれ?

この記事は約 2 分で読めます。

今回紹介する英語は

スノーフレーク(鈴蘭水仙)です。

 

スノーフレークは

お辞儀をしているように、

下向きに花が咲くのが特徴です。

 

さらに、咲いても5日程度と

儚さを感じる花でもあります。

 

さらにさらに、

花や球根に含まれる成分が

抗認知症効果を発揮し、

アルツハイマー型認知症の

治療薬になるかもと期待の声も

上がっている注目度の高い花です。

 

今回はそんな

スノーフレーク(鈴蘭水仙)の英語

について紹介していきたいと思います。

◇合わせて読みたい記事

花の「英語名」一覧!(300種類以上!)

スノーフレーク(鈴蘭水仙)の英語は?

原産地はヨーロッパの

中南部(オーストリア、ハンガリー)で、

日本に伝来したのは

昭和の頃と言われています。

 

日本では別名で

「大待雪花」「夏雪花」

とも呼ばれています。

 

さて、そんなスノーフレークは英語で

どのように表現するのでしょうか。

①Leucojum aestivum

②Summer snowflake

③Loddon lily

英語はこの3つです。

 

では、ネイティブがこれらを

どう使っているのか見ていきましょう。

スポンサーリンク


スノーフレーク(鈴蘭水仙)のネイティブが使う英語は?

①Leucojum aestivum

【発音:リューコジャム アエスティウム】

 

これはスノーフレークの学名です。

 

「Leucojum」はギリシャ語で

“白いスミレ”を意味しています。

見た目はそこまで似ていないですよね?

 

実はこれ、

スノーフレークが開花期に

スミレの花と「似た香りを放つ」

ことから名付けられました。

 

「aestivum」は“夏の”という意味で、

花が咲くのが雪の降らない春だから

と言われています。

 

ちなみに、

「Leucojum aestivum」は学名なので

一般的にはあまり使われません。

 

②Summer snowflake

【発音:sˈʌmɚ ˈsnəʊ.fleɪk】

【サマー スノーフレーク】

 

英語でも日本語と同様

「スノーフレーク」と呼ばれています。

 

「snowflake」は「雪片」という意味で、

先ほどお話しした学名と同様、

「summer」をつけて呼んでいます。

 

また、全然違う花なのですが、

名前が似ていることで

間違えられることが多い花があります。

 

それが「スノードロップ」(Snowdrop)です。

 

見た目も属も全く違う花なので、

混同しないように注意しましょうね。

 

③Loddon lily

【発音:lˈʌndən líli】

【発音:ロードン リリィ】

 

この名前はイギリスの

「Loddon」(ロドン)という町

が由来しています。

 

どうでしたか?

一般的に使われているのが、

②の「Summer snowflake」です。

 

最初に少し触れましたが、

アルツハイマー型認知症の特効薬に

なるかもしれない注目の花なので、

覚えておくと役立ちそうですね。

 

また、花言葉なども気になる方は

こちらもチェックして下さい。

スノーフレークの花言葉は?
 

こんな記事もあります!

サイトナビ!

SNSでシェアしよう!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ