「ユーカリ」の英語は4つ?ネイティブが使うのはどれ?

この記事は約 2 分で読めます。

今回紹介する英語は「ユーカリ」です。

 

コアラの食料として有名で、

最近ではアロマオイルとしても

人気のある「ユーカリ」

 

日本語の「ユーカリ」は

この英語名を省略した言葉なので、

外国人に「ユーカリ」

と言っても伝わりません。

 

日本語でも日常あまり

口にすることがない言葉だけに、

英語をご存知ない方がほとんどでしょう。

 

今回はそんな

「ユーカリ」の英語と意味

について紹介したいと思います。
 

スポンサーリンク

「ユーカリ」の英語は4つ?

「ユーカリ」を表す英語は

以下の4つです。

①「eucalyptus」

②「eucalyptus spp」

③「gum tree」

④「fever tree」

 

一般的に「ユーカリ」を指す場合は

どの単語を用いるのか、

また、ネイティブはどの英語を

最もよく使うのか、

ひとつひとつ解説していきます。

 

その際に名前の由来も知っていくと、

覚えやすいです。

 

では、見ていきましょう。

スポンサーリンク


「ユーカリ」のネイティブが使う英語は?

①「eucalyptus」

【発音:jùːkəlíptəs】

【発音:ユーカリプタス】

 

一般的に「ユーカリ」を

指す場合に用いられる英単語で、

「eucalypts」とも言われます。

 

「ユーカリ」の木そのものを

指す場合が多く、

「ユーカリの葉」を表す場合は

「eucalyptus leaf」と言います。

 

②「eucalyptus spp」

「ユーカリ」の学名で、

sppは属を意味します。

 

「eucalyptus globulus」

と言われる場合もあります。

 

この言葉はギリシャ語で

「よく」を意味する

「eu」

「覆った」を意味する

「kalyptos」

から来ています。

 

「ユーカリ」の原産地である

オーストラリアは乾燥地で、

山火事が頻繁に発生します。

 

そのような土地でも

「ユーカリ」はよく育ち、

大地を緑で覆うことから

この名がつけられました。

 

花言葉の「新生」「再生」も

ここからきているのですね。

 

③「gum tree」

「ユーカリ」は樹液から

ゴムが作られることから、

「ゴム(gum)の木」

と呼ばれこの名がつきました。

 

原産国であるオーストラリアでは

しばしばこの名で呼ばれ、

現地の人が「ユーカリ」を指す場合に

最も使われる英単語です。

 

④「fever tree」

「ユーカリ」には殺菌効果もあり、

原産国のオーストラリアでは

マラリアの感染・拡大を防ぐという点から

「熱(fever)の木(tree)」

とも呼ばれます。

 

以上、「ユーカリ」の英単語

についてご紹介しました。

 

今回ご紹介した以外にも

「blue gum」「mallee」

など、その性質や種類によって

「ユーカリ」には様々な呼び方があります。

 

一般的に辞書などで出てくる言葉は

「eucalyptus」ですが、

原産国オーストラリアでは

「gum tree」

が最もポピュラーです。

 

豆知識として

•ユーカリはゴムが作られること

• 熱の木と呼ばれていること

を頭に入れておけば、

どのよう形で遭遇しても

「ユーカリ」のことだと気づくことが

できるのではないでしょうか。

 

こういった豆知識は大事ですね。

 

どんな植物なのか、花言葉など

他にも興味がある方は読んでみて下さいね。

「ユーカリ」の花言葉は?

 

\ SNSでシェアしよう! /

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ