マーガレットの花言葉,英語名は?花占いの確率は?

マーガレットは

「花占い」

によく使用される花です。

 

「好き、嫌い、好き、嫌い…」

という様な恋占いの経験は

皆さんあるんじゃないでしょうか?

 

そんな花占いの驚くべき秘密、

好きと嫌いの確率が違う

って知っていましたか?

 

今回はそんな

「花占い」の秘密や

「マーガレット」の花言葉、英語名、由来

を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

プロフィール(英語名)

マーガレット

◇名前:まーがれっと
◇名前:マーガレット
◇別名:木春菊(モクシュンギク)
◇別名:木立ちカミツレ
◇英語名:Marguerite
◇英語名:Paris daisy
◇旬:3月~5月
 

マーガレットは

英語&ドイツ語では

「マルガレーテ」と発音されています。

 

マーガレットの花言葉

◇全体:花占い、真実の愛、誠実な心
◇全体:誠実、信頼
◇黄色のマーガレット:美しい容姿
 

「恋占い」という花言葉を

もっていることで

世界的に有名な花です。

 

その為、日本ではマーガレットが

最も恋占いの花としてよく利用されます。

 

「真実の愛」という花言葉は、

ギリシャ神話の女性の守護神

「アルテミスに捧げる花」

と称されることからできました。

 

マーガレットに関連する花ランキング!

花言葉の

「誠実な心」「美しい容姿」

これらを合わせて、

プロポーズする方が多いそうです。
 

プロポーズに使われる花ランキングに

花言葉を合わせてまとめました。

→プロポーズに贈る花ランキング!
 
また、

マーガレットの白い可憐な花びらは

花言葉の「信頼」「誠実」を持ち、

大人になることを意味することから

卒業式で贈るのに適しています。
 

そんな子どもの大切なイベントに贈る花は

他のどんなものがあるのでしょうか?

→「卒業式」に渡す花ランキングTop10!
 

スポンサーリンク

マーガレットの名前由来

マーガレットという名前は、

純白の花びらが

「真珠」

に見えることが由来です。

 

マーガレット3

 

真珠という意味のギリシア語は

「マルガリータ(margarite)」

と呼びます。

 

これが語源となり、

マーガレット

と呼ばれるようになりました。

 

ちなみに、

私達がパンにつける

マーガリン(margarine)の由来も、

作る途中の脂が真珠の様な

ことから名づけられています。

 

英語名のマーガレットは、

アフリカ大陸で発見された花を

フランスで園芸用に品種改良をしたことで

Paris daisy(パリス・デージー)

とも呼ばれています。

 

マーガレットがギリシャ神話に登場!?

ギリシャ神話でマーガレットは

女神「アルテミス」に捧げる花

とされています。

 

女神アルテミスはそのような女神でしょうか?

 

それはそれは美しい姿ですが、

とても冷酷な女神として

ギリシア神話では有名です。

 

アルテミスは自分の裸を

男に見られたら、

塵にしてしまうほど冷酷で男嫌いです。

 

アルテミスに捧げる花ということは、

そこまで男嫌いの

アルテミスを認めさせるほど

の気持ちがないと捧げられない

ということです。

 

そのようなことから

「真実の愛」

という花言葉があるのです。

 

花占い(恋占い)確率の秘密は?

マーガレットの

「花占い(恋占い)」の確率は1/2

だと思いやっている方がほとんどです。

 

しかし、これは間違いなんです。

 

実はマーガレットの

花びらの枚数は、

ほぼ奇数なんです。

 

だいたいの方は

「好き、嫌い、好き、嫌い…」

というはずです。

 

なので、

「花占い(恋占い)」の確率は

「好き」

という確率が圧倒的に高い

ということになります。

 

恋を応援してくれる素敵な花なんですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ