「ボダイジュ」の英語は4つ!?ネイティブが使うのはどれ?

この記事は約 2 分で読めます。

今回紹介する英語は

「菩提樹(ボダイジュ)」

 

菩提樹の英語は

英語検定などに出題される

英単語ではありません。

 

しかし、

花好きの友達には日常会話で使えますね。

 

今回はそんな

ネイティブが使う「菩提樹」の英語

についてまとめました。
 

菩提樹(ボダイジュ)の英語は4つ?

では、

さっそくどんなものがあるのか

見ていきましょう!

 

菩提樹(ボダイジュ)の英単語は

①「Tilia miqueliana」

(ˈtilēə `mikliəna )

②「Linden」

(ˈlindən)

③「Lime」

(lάɪm)

④「Ficus religiosa」

(ˈfaɪkəs rɪlídʒosa)

あたりと4種類もあります。

 

菩提樹といっても

種類がいくつかあるので、

そのあたりも含め

一つ一つ説明していきたいと思います。

スポンサーリンク


菩提樹(ボダイジュ)のネイティブが使う英語は?

①「Tilia miqueliana」

読み方が難しそうですが、

カタカナ英語で

「ティリア ミクリアナ」

 

これらはそれぞれ

・Tilia

シナノキ属

という花の種類の総称

・ miqueliana

これはただの種の名前

になります。

 

この菩提樹は中国が原産の

落葉高木になりますが

日本の菩提樹は

この名前で呼ばれること多いです。

 

ちなみに、

アメリカが原産の菩提樹の名前は

「Tilia americana」

と「Tilia」の後に

国名を入れた名前になります。

 

他にも原産国が違うと

「Tilia」の後が変わります。

 

②「Linden」

これも同じ菩提樹ですが、

ドイツ名になります。

 

これもアメリカの「Linden」ならば

「American Linden」というように

呼ぶ人もいるようです。

 

③「Lime」

この呼び名だと、

柑橘類のライムを想像する人が

多いと思います。

イギリスでは「Lime tree」といえば

菩提樹の木を指します。

 

④「Ficus religiosa」

この菩提樹はインドの菩提樹になります。

そして、

仏教の創設者である「ブッダ」は

この木の下で悟りを開いた

とされています。

 

ブッダの別名の「Bhodhi」から

「bo-tree」「bodhi-tree」

とも呼ばれています。

 

今回はネイティブの人の方は

地方ごとに呼び名を変えて使う

というkとが分かりました。

 

なので、

日本でよく使われる

①の英語「Tilia miqueliana」

で覚えておきましょう。

 

ちなみに、

草木に詳しい人でない限り

普通のネイティブの人は

この名前のことを言っても

なんだか分からないと思います

ので注意しましょうね。

 

この花の詳しいことは

こちらに書いていますので、

興味のある方はご覧下さい。

ボダイジュの花言葉、名前由来は?
 

こんな記事もあります!

サイトナビ!

SNSでシェアしよう!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ