「笹(ささ)」の英語は4つ!?ネイティブが使うのはどれ?

この記事は約 2 分で読めます。

今回紹介する英単語は

七夕には必須の「笹(ささ)」

 

笹の英語は英語検定に

出題される英単語ではありません。

 

しかし、

実は笹の英語は間違って

認識している人が多いです。

 

試験ではなく、

海外の方との会話では七夕などで

使われる英語なので覚えておきたいですね。

 

今回はそんな

ネイティブが使う「笹」の英語

についてまとめました。
 

スポンサーリンク

「笹(ささ)」の英語は4つ?

では、

さっそくどんなものがあるか

見ていきましょう!

 

笹(ささ)の英単語は

➀「Bamboo」

(b`æmbúː)

➁「Bamboo grass」

(b`æmbúː grˈæs)

➂「Broadleaf bamboo」

(brˈɔːdlíːf b`æmbú)

➃「Sasa」

(sasa)

あたりと4種類ほどあります。

 

4種類もありますが、

どれも似たような英単語なので

どれを使えばいいか分かりませんよね。

スポンサーリンク


「笹(ささ)」の4つの英語の意味は?

まず、始めに➀番目の「Bamboo」

から見ていきましょう。

➀「Bamboo」

これは笹ではなく「竹」です。

 

笹と竹はすごい似ているので、

混在する方が多いです。

 

違う植物なので

間違わないようにしましょう。

 

➁「Bamboo grass」

これは、日本のオンライン辞書だと

「笹」と表記されてますが、

それは違います。

 

「Bamboo grass」は

「竹の葉」であって

笹ではありません。

 

よく竹の葉のことを

「笹」だと思っている人がいますが

笹と竹は違う植物なので

覚えておきましょう。

 

➂「Broadleaf bamboo」

これも「Bamboo」と入っているので

竹なのかと思いますが、

これは「笹」のことを指します。

・Broadleaf:幅の広い葉

 

「幅の広い葉の竹」と直訳できます。

 

海外では笹の葉は、竹の葉とは違い

幅が広いとされているのでしょう。

 

実際は葉のサイズにそれほど差はなく

葉脈の形が違うのですが、

それは置いておきましょう。

 

➃「Sasa」

これはそのまんまですね。

 

原産国は日本だけではないですが、

日本的な植物と認知されている為

そのまま「Sasa」

と呼ばれることがある。

 

このように笹には

色々な呼び方があります。

 

それでは、

この中でネイティブの方が

よく使う英語を発表したいと思います。

「笹(ささ)」のネイティブ使う英語は?

ここは➃番目の「Sasa」を

選びたい所でしたが、

認知されていると言っても

海外ではまだまだ知らない人も多いです。

 

ということで

「笹」の英語は

➂「Broadleaf bamboo」

がネイティブが使う英語となります。

 

理由は「Bamboo」

と入ってはいるものの、

笹の特徴を指す

「Broadleaf」が入っています。

 

さらに、

ネイティブの人が笹と竹を

区別するときに使うので

この英単語になります。

 

そんな「笹」「竹」の

違いや花言葉など

「笹」についてもう少し

詳しく知りたい方は

こちらも読んでみて下さい。

笹の英語名、名前の由来は?竹との違いは?
 

\ SNSでシェアしよう! /

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ