サツキの花言葉、英語名は?その名前の由来とは?

この記事は約 2 分で読めます。

初夏に鮮やかなピンクの

絨毯のように花を咲かすサツキ。

 

その花はいかにも春と夏の間に

心地よい色合いで気分を高揚させてくれます。

 

そんな「サツキ」

どこかで聞いたことありますよね?

 

それは名前の由来を見れば分かります。

 

今回はそんな

サツキの花言葉や英語名、その由来

などまとめましたのでさっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

サツキってどんな花?英語名も!

◆和名:皐月(さつき)
◆別名:皐月躑躅(さつきつつじ)
◆別名:杜鵑花(さつき)
◆英語名:Satsuki azalea
◆英語名:Rhododendron
◆所属:ツツジ科サツキ属
◆旬:5月~6月

五月という言葉があるように

初夏の5月から6月にかけて旬を迎えます。

 

原産は日本で、

日本のあちらこちらで

見かける程身近な花と言えます。

 

元々がツツジの品種改良で

江戸時代には盆栽などで親しまれています。

 

古くから知られている花で、

サツキの原型とみられる

岩ツツジの事を万葉集で読まれています。

 

①水伝ふ礒の浦廻の

岩つつじ茂く咲く道をまたも見むかも

②風早の美穂の浦廻の

白つつじ見れども寂しなき人思へば

など幾つかの唄が万葉集に収録されています。

 

このようにツツジとサツキには似た所が多く、

久留米躑躅がサツキの原型として

見られています。
 

サツキの名前、英語名の由来は?

サツキの名前は5月の別名である

「五月(さつき)」

と呼ぶことが語源となっています。
 

 
5月から咲き始める事で

この名前をつけられたので、

まさに5月を代表する花ですね。

 

英語名Rhododendron

ギリシア語

Rhodon(赤バラ)+Dendoron(木)

からイメージされています。

 

この花は

赤バラの木、または赤い花の木

という意味で使われていました。

スポンサーリンク


サツキの花言葉は?

◆全体:節約、節制
◆全体:貞淑

サツキの花言葉には

抑制するような言葉が多いのは、

サツキの花が咲く場所も関係しています。

 

山奥などの厳しい環境で

咲いている事が節制しているように

イメージされたと考えられます。
 

サツキに由来する「砂盛り」って何?

兵庫県に伝わる民話です。

 

山田という場所にある長昌寺は

サツキの名所として知られていました。

九鬼の殿様はそのサツキを一目見たい

とこの長昌寺に立ち寄ることになりました。

 

そこで、

殿様を迎える為に参道に白い砂を一面に敷き詰め、

そして本堂に更に余った土で盛り上げ

サツキを飾るという手の施しようでした。

 

その様子に殿様はいたく感激したと伝えられます。

 

その後大事な人を迎える際の

“砂盛り”が習慣となりました。

このようにサツキは昔から親しまれ、

大事な人を迎える花です。

 

来客には花瓶に飾って

家に置くと良いかもしれませんね。
 

\ SNSでシェアしよう! /

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ