カーネーション花畑が見れる場所Top4,見頃時期は?

カーネーションは地中海沿岸が原産の

ナデシコ科ナデシコ属の多年草です。

 

日本には江戸時代以前に

オランダから輸入されたと言われています。

 

カーネーションの花言葉は

「無垢で深い愛」です。

 

色によって花言葉に違いがあり、

例えば

赤色は「母への愛」

白色は「純粋な愛」

を意味します。

 

日本でカーネーションの生産が

一番盛んなのは愛知県西尾市一色町です。

 

現在は温室で育てられた

カーネーションが1年を通して出荷され、

私たちの目を楽しませています。

 

以下、国内でカーネーションを

観賞することができるスポットを

ランキング形式で紹介していきます。

 

スポンサードリンク

カーネーション花畑Top3~4紹介!

 

4位:道の駅おおつの里花倶楽部

道の駅おおつの里花倶楽部

 

園内の花は有料で摘み取ることができます。

 

カーネーションの見頃は1月から5月です。

 

入場料は無料で、

営業時間は午前9時から午後5時になります。

 

所在地は千葉県南房総市富浦町大津です。

 

3位:中井農園

中井農園

 

6棟の温室で育てられた

約16種40000株のカーネーションが

栽培されています。

 

また、

ここではカーネーションの

花を摘んで楽しめます。

 

入場料は1人600円で、

5本までカーネーションを

持ち帰ることができます。

 

見頃は1月から5月までです。

 

営業時間は午前9時から午後4時で、

駐車場の利用は無料になります。

 

所在地は静岡県賀茂郡河津町峰です。

 

スポンサーリンク

 

カーネーション花畑Top1~2紹介!

 

2位:和田町花園地区の花畑

 

和田町花園地区の花畑

千葉県南房総市和田町花園地区では、

カーネーションの他に、

キンセンカ、チューリップ、グラジオラス

フリージア、ストック、アイリス、菜の花

などの様々な花が栽培されています。

 

ハウスで育てられた

カーネーションの見頃は

12月上旬から5月上旬になります。

 

中には花を摘むことができるハウスもあります。

 

各農園により料金が

異なっているのでご注意ください。

 

1位:かわづカーネーション見本園

かわづカーネーション見本園

 

静岡県賀茂郡河津町田中にある

かわづカーネーション見本園では、

1500メートルの温室で育てられた

カーネーションを見ることができます。

 

温室なので雨が降っていても見学ができます。

 

約350種類13000株のカーネーションが

一般棟、特別棟で栽培されていてます。

 

一般棟では市場に出荷されている

約20種類6000株のカーネーション

特別棟では市場に出回っていない

約330種類7500株のカーネーション

を鑑賞できます。

 

12月下旬から5月上旬が見頃になります。

 

入場料は大人300円、

小学生・中学生が100円で、

それ以下は無料です。

 

ちなみに団体10名以上で1割引です。

 

駐車場は無料です。

 

営業時間は午前9時から午後4時になります。

 

毎週水曜日が定休日ですので、

ご注意ください。

 

カーネーションに関連しまして、

冒頭で簡単に紹介しましたが

カーネーションのことならこちらに全て!

⇒カーネーションの花言葉,由来は?

母の日の起源の花

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ