「クロユリ」の英語は3つ!?ネイティブが使うのはどれ?

この記事は約 2 分で読めます。

今回紹介する英語は

「クロユリ」です。

 

暗紫褐色や黒紫色で、

網目模様があるのが特徴です。

 

その容姿からか、

あまりいい表現には使われておらず、

プレゼントには不向きとされています。

 

英語圏でも同じく、

良い意味合いには使われない

可哀想な花なんですよ。

 

しかし、アイヌの人たちの間では、

「贈った相手が手に取れば結ばれる」

という素敵な伝説も残されています。

 

では、今回はそんな

「クロユリ」の英語について見てみましょう。
 

「クロユリ」の英語は3つ?

日本では「黒百合」と呼ばれ、

別名「蝦夷黒百合」とも呼ばれています。

 

そんなクロユリを表す英語は以下の3つです。

①Fritillaria camschatcensis

②Chocolate Lily

③Kamchatka fritillary

 

では、この3つの英語をネイティブは

どう使うのかそれぞれ見ていきましょう。

スポンサーリンク


「クロユリ」のネイティブが使う英語は?

①Fritillaria camschatcensis

【発音:フリティラリア カムチャトケンシス】

 

これはクロユリの学名です。

 

「Fritillaria」はラテン語の

「Fritillus」からきています。

 

その「Fritillus」は

「サイコロを入れる筒」という意味があり、

筒状をしたユリの花の形に由来しています。

 

また、

「camschatcensis」はドイツ語で

「die Schachbrettblumeと」いう言葉です。

 

「die」は英語の「the」にあたります。

 

「Schachbrett」はチェスの盤を意味しており、

暗紫褐色の花びらの上に

白い斑点があることから名付けられました。

 

「die blume」は花という意味で、

クロユリが持つデザインから

「die Schachbrettblume」と名付けられました。

 

ちなみに、この英語は学名なので

一般的にはあまり使われません。

 

②Chocolate Lily

【発音:tʃάk(ə)lət líli】

【発音:チョコレートリリー】

 

その見た目から「Chocolate」

という可愛らしい名前がつけられました。

 

これが分かりやすく、

最も通じる言い方でしょう。

 

しかしその反面、

人間には悪臭と感じられる強烈な臭いを発します。

 

このことから英語では、

「skunk lily(スカンクユリ)」

「dirty diaper(汚いオムツ)」

とも呼ばれています。

 

綺麗な花なので、

あまり使って欲しくない英語ですね。

 

③Kamchatka fritillary

【発音:kæmtʃɑ’ːtkə fritíləri】

【発音:カムチャトトゥカァ フリティラリア】

 

「Kamchatka」は先ほど説明しました

原産地ロシア東部のカムチャッカ半島のこと。

 

先ほど説明したユリの形を表した

「Fritillaria」と合わせて、

「Kamchatka fritillary」と呼ばれるようになりました。

 

因みに花言葉は

「恋」「呪い」「復讐」です。

もう少し詳細も知りたい方は

こちらも読んでみて下さい。

クロユリの花言葉、由来は?

 

どうでしたか?

一般的にクロユリを表す場合は

「Chocolate Lily」

を使います。

 

日本だけでなく海外にも浸透している花なので

確実に覚えておきたい花ですね。
 

こんな記事もあります!

サイトナビ!

SNSでシェアしよう!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ