ストックの花言葉,英語名は?お姫様の悲劇の花!?

ストックは強い甘い香りと

豊富な花色で知られる花です。

 

太くて長い茎が、特徴的です。

 

さらにストックは

赤、白、ピンク、紫、黄色と、

色によって様々な花言葉を持ちます。

 

今回はそんな鮮やかな

ストックの花言葉や英語名

についてまとめました。

スポンサードリンク

プロフィール(英語名)

ストック

◇名前:すとっく
◇名前:ストック
◇和名:紫羅欄花(アラセイトウ)
◇学名:Matthiola incana
◇英語名:Gilly flower
◇英語名:stalk
◇旬:3月~5月

 

アブラナ科に属する花で、

ブロッコリーやカリフラワーのように

食べることもできます。

 

南ヨーロッパで原産され、

日本には江戸時代中期に持ち込まれました。

 

大正末期には

切り花に使われるようになり、

本格的に栽培されるようになりました。

 

ストックの花は総状花序と呼ばれる

花のつき方をしています。

 

これはチューリップやタンポポのように、

ほとんど葉をつけることはありません。

 

この花は茎の先端にある小花が

外側から中心部へ、円錐形に咲かせます。

 

花には

「一重咲」

と雄しべや雌しべが突然変異した

「八重咲」

の2種類あります。

 

日本で人気のある「八重咲」は

雄しべや雌しべが

変異したものであるため

種をつけることができません。

 

茎はまっすぐに伸び、葉は楕円状です。

 

ストックの花言葉

ストックは豊富な花色が特徴です。

 

花の色が関係しない

ストックそのものが持つ花言葉と、

花の色それぞれが持つ花言葉の

2種類の花言葉を持ちます。

 

ストックの花言葉

◇全体①:愛情の絆
◇全体②:求愛
◇全体③:順風満帆
◇全体④:見つめる未来
◇全体⑤:永遠の美
◇赤色:私を信じて
◇ピンク色:ふくよかな愛情
◇黄色:さみしい恋
◇紫色:おおらかな愛情
◇白色:思いやり

 

ストックには愛にまつわる

「悲劇的な物語」が存在します。

 

ストックの花言葉が

「愛情の絆」や「永遠の美」などを

しめす花になったのも、

「悲劇的な物語」が起源だといわれています。

 

スポンサーリンク

ストックの名前由来

英語名のstalkは

茎をしめす言葉がとなっており、

太くて長い茎が由来となっています。

 

スキーのストックも

「茎」が由来となっています。

 

ストックはお姫様と青年の悲劇の花?

ストックのアイルランドの伝説です。

 

その昔、

お姫様にはこっそりと人目を忍んで

愛し合った青年がいました。

 

ある日の夜、

青年がお城の窓に

「ストック」の枝を投げ入れるのが、

2人密会の合図でした。

 

ある日お姫様は縄バシゴを使って、

城から抜け出そうとしました。

 

お姫様が縄バシゴに足を掛けたその時、

縄が切れお姫様はそのまま

石畳の上に落ちて死んでしまいました。

 

青年は悲しみ

ストックを手に取り帽子に挿すと、

吟遊詩人となって

「悲劇的な物語」を歌う旅

に出かけるのでした。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ