クリスマスローズの花言葉&由来まとめ!英語名や名前の秘密も!

クリスマスローズはクリスマスの

時期によく見かけます。

 

クリスマスをイメージさせる花として、

欠かせない花となっていますね。

 

しかし、この花。

名前や花言葉は意外な秘密がたくさんあります。

 

今回はそんな

クリスマスローズの花言葉、英語名、由来

をまとめたので見ていきましょう!

スポンサードリンク

クリスマスローズってどんな花?英語名も!

クリスマスローズ

◇別名:ヘルボロス、へレポラス
◇英語名:Christmas rose
◇英語名:Lenten rose
◇旬:12月~2月
 

ちなみに普通のローズ(ばら)はこちらです。
 
ローズ
 

比べてみると全然違うのが分かると思います。

 

にも関わらず、

なぜローズという言葉が

入っているかも説明していきましょう。
 

クリスマスローズの名前由来は?

クリスマスローズはバラの一種という事ではなく、

クリスマスの時期にバラにの様な花を咲かす

ことからこの名前がつきました。

 

別名にあるヘルボロスはギリシア語で

「食べ物を殺す」

という意味がありますが、

この花の根に毒がある事に由来しています。

 

優しい花なのですが、

毒を持っていることは意外ですね。
 

スポンサーリンク

クリスマスローズの花言葉は?

クリスマスローズには

いろいろな花言葉がありますが、

意外にもマイナスのイメージが多いんです。
 

 

・私の不安を和らげて

・スキャンダル

・中傷

・慰め、いたわり

・私を忘れないで、追憶

 
「私の不安を和らげて」

などの優しい言葉の他に

「抽象」

という真逆な言葉がありますね。

 

では、クリスマスローズの

花言葉の由来を紹介します。

 

◇「私の不安を和らげて」

冬の厳しい寒さにそっと咲いている様子が、

この言葉を生み出しました。

 

◇「スキャンダル」

歴史の中にそっと小首をかしげ、

聞き耳を立てているような様子から、

この言葉がイメージさせました。

 

◇「中傷」

花の根に毒を持つことから

イメージされたと考えられます。

 

実は古代ヨーロッパでは、

この毒を矢の先に付け狩りに使っています。

 

◇「慰め」

悪魔祓いとして精神を病んでいる人などに

薬として与えた過去から、

この言葉がイメージされました。

 

優しくかしげる花の様子と、

根元に強い毒を持つことから

二面性の言葉がイメージされたのでしょう。

 
クリスマスローズは名前の通り、

クリスマスに贈られる花として有名ですが、

「私を忘れないで」「追憶」

といった想いを合わせて贈ると意味深ですね。

 

そんなクリスマスに贈る人気の花を

花言葉に合わせてまとめました。
 
→クリスマスに贈る花ランキング!
 

クリスマスローズとクリスマスの関係とは?

クリスマスローズにはイエス・キリストに

関する優しい話があります。

 

イエス・キリストの生誕の日に、

(クリスマス)

貧しい少女マデロンは

羊飼いたちと

その生誕を祝おうとその場所に向かいます。

 

しかし、彼女はお金がなく何も出来ません。

 

そんな自分の無力さに泣いてしまいます。

 

その姿を哀れに思った天使たちが、

地面に触れるとクリスマスローズが

咲いてきました。

 

喜んだ彼女はその花をキリストに奉げました。

 

やはりクリスマスという言葉が入っている以上、

こういった伝説があるんですね。

 

クリスマスにはこういったことを思いながら、

家に飾っておいてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ