ミモザアカシアの花言葉,英語名,由来,記念日は?

春先にかけて可愛い鮮やかな

花を咲かすミモザアカシア。

 

黄色い花が印象的な花は、

それに惹かれ小さい虫も寄り添います。

 

また、ミモザアカシアには

記念日になったほど有名な花です。

 

そんなミモザアカシアの

花言葉、英語名、由来をまとめました。

スポンサードリンク

プロフィール(英語名)

ミモザ

◇名前:みもざあかしあ
◇名前:ミモザアカシア
◇別名:ミモザ
◇和名:房アカシア
◇英語名:Mimosa, Silver wattle
◇旬:3月~4月

 

世界にはアカシアの種類は600種ほどあります。

 

ミモザアカシアは特に

原産のオーストラリアに数多くの花が咲き、

暖かい地域にしか咲かない常緑樹です。

 

もちろん日本でも

寒い地域では育ちづらいです。

 

一部の種類では銀の葉を

咲かす品種もあります。

 

ヨーロッパには19世紀になり伝わり、

それからは品種を変えながら

広がっていきました。

 

日本には明治の頃に入ってきました。

 

スポンサーリンク

ミモザアカシアの花言葉

ミモザアカシアの花言葉は

花のイメージ通り小さく、

目立たない言葉が少ないです。

 

◇全体:プラトニックラブ、優雅、友情
◇黄色:秘密の恋
◇オレンジ:エレガント
◇西洋:感受性、思いやり

 

「プラトニックラブ」

古来よりネイティブアメリカンの習慣で、

男性から女性への愛の表現として

ミモザアカシアを贈る習慣がありました。

 

女性が無言で受け取ると、

男性の好意を受け入れた事になるため

この言葉は生まれました。

 

「感受性」「思いやり」

花の咲くイメージが

そっと咲くような雰囲気から由来となっています。

 

ミモザアカシアには

素敵な花言葉が多いので、

花束と一緒に花言葉の

メッセージカードを付けてあげると、

より一層相手に思いが伝わります。

 

ミモザアカシアの名前由来

「ミモザ」はギリシャ語が

語源となっています。

 

細く小さい葉が集まり、

風などで動く様をギリシャ語の

「パントマイム」

の様だと表現されました。

 

そのマイムの言葉が変化して

ミモス→ミモザ

と呼ばれるようになりました。

 

また、アカシアは

棘があるというギリシャ語の

「akazo」

が由来となっています。

 

3/8はミモザの日!?

海外では3月8日は

「国際女性デー」

になっています。

 

女性が活躍する為の記念日なのですが、

この日は

「ミモザの日」

とも言われています。

 

これはイタリアで男性から女性へ

感謝の気持ちを伝える為に、

ミモザを贈る習慣があるので

「ミモザの日」とも制定されたのです。

スポンサーリンク

One Response to “ミモザアカシアの花言葉,英語名,由来,記念日は?”

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ