クロユリの花言葉,英語名は?贈り物にNGな花!?

高山植物としても知られ、

伝説も残されているクロユリ。

 

その伝説が理由で

贈り物にはNGと言われています。

 

さらに、自分の鑑賞用としてもNGなんです。

 

これはなぜでしょうか?

 

そんな疑問の出る

クロユリについて由来や花言葉、英語名

をまとめました。

スポンサードリンク

プロフィール(英語名)

クロユリ

◇名前:クロユリ
◇和名:黒百合(くろゆり)
◇英語名:Kamchatka lily
◇英語名:Kamachatka fritillary
◇学名:Ffritillaria camschat censis
◇旬:5月
◇色:黒紫、暗紫褐色

 

名前はクロユリでユリ科ですが、

バイモ属の高山植物とされているのです。

 

色は独特で2種類しかありません。

 
そして種類も2種類あるとされています。

 

◇エゾクロユリ(蝦夷黒百合)

北海道以北の低地に

分布しています。

◇ミヤマクロユリ(深山黒百合)

日本にて本州や北海道の高山に分布されています。

 

スポンサーリンク

クロユリの花言葉

◇全体:恋、呪い

 

極端に違いを感じますが、

一歩違えば恋は呪いへと

変わることもあるものかもしれません。

 

花言葉「恋」の由来は?

花言葉「恋」は

アイヌ民族の伝説が由来しています。

 

好きな人への想いを込めた

クロユリをそっと置きます。

 

その相手の方が

置いたクロユリを手にすると

いつの日にかその2人は結ばれる。

といったアイヌ民族の美しい伝説があるのです。

 

花言葉「呪い」の由来は?

花言葉「呪い」は

戦国時代の出来事が由来しています。

 

戦国武将の佐々成政には、

小百合(サユリ)という

美しい側室がいました。

 

幸せな生活が津空いていた所、

こんな噂が流れました。

 

「小百合は密通し、

お腹の中にいる子どもは

成政の子どもではない」

 

その噂を聞いた成政は怒りに怒り、

側室の小百合を殺してしまったのです。

 

その時小百合は

「立山にクロユリが咲いたら

佐々家は滅亡する」

との呪いの言葉を残して

死んでいったと言われています。

 

クロユリが贈り物に向いていない理由は?

クロユリが贈り物、観賞用に

向いていない理由があります。

 

それは花の香りです。

 

一般的に嫌な香りと言われています。

 

さらにやっかいなことに

「蚊」

の好きな香りです。

 

つまりクロユリは

①呪いという花言葉がある

②嫌な香りで蚊も寄せ付ける

いう理由から贈り物、観賞用

にはNGと言われているのです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ