アルストロメリア(百合水仙)の花言葉,英語名は?

野生にもたくさん咲いて、

色も多彩なアルストロメリア。

 

言いづらいようで聞くと

耳に響きのいい名前ですよね?

 

この花の名前をつけられた

由来でついた花言葉の一つが「気配り」

 

そんな

アルストロメリアの由来や花言葉、英語名

をまとめました。

スポンサードリンク

プロフィール(英語名)

アルストロメリア

◇名前:あるすとろめりあ
◇名前:アルストロメリア
◇英語名:Alstroemeria
◇英語名:Peruvian lily
◇英語名:Lily the lncas
◇学名:Alsttroemeria spp
◇別名:百合水仙(ユリズイセン)
◇別名:夢百合草(ユメユリソウ)
◇別名:インカの百合
◇旬:5月

 
アルストロメリアは海外から来た花です。

 

花の色は多彩で、中でもピンクが有名です。

 

スポンサーリンク

アルストロメリアの花言葉

花言葉は花の色別であります。

 
◇全体①:持続、未来への憧れ
◇全体②:エキゾチック
◇白:凛々しさ
◇黄:持続
◇ピンク:気配り
◇赤:幸い、エキゾチック

 

そして華やかな雰囲気を

感じさせる多彩な色の内側に、

斑点が入った姿から

「エキゾチック」

の花言葉ができました。

 

また、

アルストロメリアの花持ちの良さから

「持続」

の花言葉があります。

 

こういった持続といった

花言葉を持つことから、

開業祝いにも使われる花です。

 

そんな開業祝いに贈る人気の花を

花言葉も合わせてまとめていますので、

ぜひ読んでみて下さい。

「開業祝い」に贈る花ランキング!
 

アルストロメリアの名前由来

ブラジル、ペルー、アルゼンチン

などに60種類~100種類

の野生種が分布されている

と言われています。

 

オランダで品種改良がされ、

日本へは1926年に渡来し

百合水仙「ユリズイセン」

言われていました。

 

スウェーデンの植物学者の

カール・フォン・リンネが

南米旅行中にピンクの

アルストロメリアを見つけました。

 

ヨーナス・アルストロメ―ル

親友の男爵にちなんで、

「アルストロメリア」

と名が付けられました。

 

親友の男爵の名前をとるとは、

よほどの親友だったのでしょう。

 

自身の名前を付けなかったことからも、

花言葉「気配り」

ができたと言われています。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ