ドクロで話題!?金魚草の花言葉、英語まとめ!その驚愕の由来とは?

赤やピンク、黄色の鮮やかな花を

咲かしてくれる金魚草(キンギョソウ)

 

このキンギョソウは一時期、

大きな話題となった事がありました。

 

キンギョソウは花は

可愛く綺麗な花を咲かせてくれます。

 

しかし、その花が散った後の様子が

ホラー映画のようだという事でした。

確かに花のしぼんでいる様子を見ると

ドクロのような形をしていますね。。。

 

そんな少し奇妙な

キンギョソウの花言葉や英語名、

花の名前の由来などをまとめました。

スポンサードリンク

金魚草ってどんな花?英語名も!

和名:金魚草(きんぎょそう)
別名:スナップドラゴン
別名:アンテリウム
別名:スナップ
英語名:Antirrhinum majus
所属:オオバコ科キンギョソウ属
旬:3月~6月、9月~11月

南ヨーロッパや地中海沿岸などの

比較的穏やかな地域が原産となります。

 

小さく弱々しいイメージがありますが、

実際は繁殖率が高い花です。

ですので、こぼれた種でも繁殖します。

 

花の開花時期も2回あるのですが、

開花の最盛期は5月となります。

 

日本には江戸時代後半に入ってきて

現在まで愛されています。

金魚草の和名、英語名の由来は?

和名「金魚草」という名前は、

金魚が口を開いてるかのように

花を咲かせる姿がイメージされた名前です。

英語名「Antirrhinum majus」は、

ギリシア語の“鼻に似ている”

と言う言葉が語源となっています。

 

別名「「スナップドラゴン」は、

海外発祥の名前で

ドラゴンの口をイメージされる

ことからイメージされました。

スポンサーリンク

金魚草の花言葉は?

全体:おしゃべり、騒々しい
全体:おせっかい、図々しい
西洋:推測でやはりNO
西洋:上品さ、ごまかし

キンギョソウの花言葉は

両極端のような言葉が並びます。

 

「推測ではやはりNO」という花言葉は

西洋での見解が表れていて、

花弁が仮面のような形になっている事から

この難解な花言葉がイメージされました。

 

「おしゃべり」「騒々しい」

などの花言葉は

口を開き今にもしゃべりだすような

キンギョソウの花びらの様子が

イメージされた花言葉です。
 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ