ノウゼンカズラの花言葉、英語名は?花の見た目は?

この記事は約 2 分で読めます。

夏にオレンジやピンクを咲かせる花は

東西を問わず多くあります。

 

そんな中でも人気のつる性の植物で、

家の壁や他の木などに

絡みながらつるを伸ばしていきます。

 

今回はそんな

ノウゼンカズラの花言葉、英語名

について紹介します。

スポンサーリンク

ノウゼンカズラってどんな花?英語名も!

和名:凌霄花(りょうしょうか)
英語名:Chinese trumpet vine
英語名:Chinese trumpet creeper
学名:Campsis grandflora
分類:ノウゼンカズラ科・ノウゼンカズラ属
旬:7~8月

ノウゼンカズラは中国原産の花で、

毎年夏にオレンジや赤などの

鮮やかな花を咲かせます。

 

日本では古くから

園芸品種として育てられており、

現代でも庭木として用いられています。

 

難読漢字クイズに

出てきそうな読み方になっていますが、

これは中国での漢名を

そのまま当てはめた為です。

ノウゼンカズラの名前の由来は?

日本にノウゼンカズラが伝わってきたのは

平安時代初期にまでさかのぼります。

 

その当時は「ノウセウ」と呼ばれており、

それがなまって「ノウゼン」となり、

つるを巻く植物を表す「カズラ」

をつけて呼ばれるようになった

ことで現在の名前になりました。

 

この「ノウセウ」にも語源があり、

凌霄の朝鮮読み「ヌンソ」が

なまったものではないかと言われている。

「ノウゼンカズラ」という名前は様々な

アジアの文化の影響を受け、

その中で何度も変化を重ねる中で

作られていった名前だと言えます。

スポンサーリンク


ノウゼンカズラの漢字の由来は?

花そのものからは少し離れて、

ここでは「凌霄」という

漢字について説明します。

 

凌霄とは「空を凌ぐ」という意味の言葉で、

ノウゼンカズラがほかの木々に

蔦を絡ませながら

空に向かって高く伸びる様子から

この漢字が使われるようになりました。

 

また

「他のものに絡んでいく」という性質から、

凌霄花は漢詩の世界では愛を表す

単語としても使われています。

 

鮮やかな花が蔦を絡ませながら咲かせる様子は、

まるで情熱的な恋愛を

そのまま見ているかのよう。

 

赤いバラの花の色が

よく情熱を表すとされていますが、

情熱的な様子を表す植物を1つ挙げるとすれば、

このノウゼンカズラこそが

相応しいかもしれません。

ノウゼンカズラの花言葉は?

花言葉:『名声』『名誉』

これらは西洋の花言葉で、

ノウゼンカズラの花が勝利の

ファンファーレを鳴らす

トランペットに見えることが

由来とされています。

 

オーケストラなどでも

トランペットの音色は

勇ましさを表すことは多く、

私たちの心を奮い立たせてくれます。

 

落ち込んでいる時や

うまくいかない時に

このノウゼンカズラを見つけたら、

自分を奮い立たせる勇気を

少し貰ってみてはいかがでしょうか。
 

\ SNSでシェアしよう! /

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ