ジニア(百日草)の花言葉,英語名は?名前由来は?

ジニアというお花は、

江戸時代末期1862年に

日本に入ってきた花で

「百日草(ヒャクニチソウ)」

の名前で親しまれています。

 

青以外の色目はほとんどある

と言って良い程

様々な色の花があり、

また花形も多種多様に富んでいて

楽しみ方が多いは花でもあります。

 

そんなジニアの

花言葉や英語名についてまとめました。

スポンサードリンク

プロフィール(英語名)

ジニア

◇名前:じにあ
◇名前:ジニア
◇学名:Zinnia elegans
◇和名:百日草(ヒャクニチソウ)
◇別名:長久草(チョウキュウソウ)
◇別名:長久草浦島草(ウラシマソウ)
◇別名:長久草シャッポバナ
◇英語名:Zinnia
◇英語名:Youth-and-old-age
◇原産地:メキシコ

 

現在ジニアはメキシコを中心に

15種類ほどが分布しています。

 

ジニアのもともとの野生種は

一重咲きのおとなしい品種でした。

 

19世紀になって八重咲きの品種が

発見されてからは積極的に品種改良もされ、

現在のような切り花・花壇などに使う

園芸種などの豊富な種類が

出回るようになりました。

 

オレンジやピンクなど、

鮮やかな色のイメージがありますが、

涼しげな白やグリーンもあります。

 

あまりにも色々と種類があるため、

見かけても同じ種類のお花とは

気づかないかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

ジニアの花言葉

◇全体:不在の友を思う・別れた友への思い
◇全体:注意を怠るな
◇全体:いつまでも変わらぬ心・旧き良き時代
◇全体:幸福

ジニア2

「不在の友を思う」「別れた友への思い」

「注意を怠るな」という花言葉は

いずれも開花時期が長いことが所以です。

 

時が過ぎるにつれて、

遠くの友への募る思いを、

また時間経過とともに薄れてゆく

注意力を表しています。

 

遠く離れたブラジルでは

「幸福を招く花」「魔よけの花」

として親しまれており、

カーニバルに欠かせない存在の花です。

 

「幸福」という花言葉の所以は

そのあたりからでしょう。

 

ジニアの名前由来

ジニア(Zinnia)という呼び名は、

植物学者であり医師でもあるドイツ人

「ヨハン・ゴットフリート・ツイン」

(Johann.Gottfried.Zinn)

の名に因んでいます。

 

この人は初めてメキシコからヨーロッパへ

この花を持ち込んだ人とされています。

 

また、

実際「ジニア」と命名したのは

植物分類学を確立した

リンネという人だそうです。

 

和名の百日草は、

5月~11月頃にかけて長い間

花を楽しむことができることから

名付けられました。

 

一つの花自体の寿命も長めで

5日~10日前後なのですが、

同じ株で次々とつぼみを付けていくので、

長期間花を見る事ができます。

 

同じく長久草、浦島草も開花時期が

長いことに因んでいます。

 

また英語名の

Youth-and-old-age(若者と老人)

という名も、若い花と開花して

時間が経過した花を一緒に

見ることができる事から付けられています。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ