あじさい花畑が見れる場所Top4,見頃時期は?

6月の梅雨の時期になると、

雨が多く降って湿気も

多くなると思います。

 

そのため、

陰鬱な気分になりやすい

時期でもあると思います。

 

でもそんな気分を晴らしてくれるのが

あじさいだと思います。

 

雨上がりの雨つゆに濡れて、

朝日で輝くあじさいは

とても美しいと思います。

 

また、

あじさいは花言葉で

「忍耐強い愛情」を意味し、

日本人の性質と合致している

ことから多くの人に好まれています。

 

今回はそんな

あじさいの見頃時期と

あじさいの花園について紹介します。

 

スポンサードリンク

あじさいの見頃時期は?

あじさいは6月~7月

にかけて開花します。

 

花の色が開花から日をたつに従って、

徐々に変わることから

「七変化」

とも呼ばれます。

 

あじさいの見頃は例年

6月中旬~7月中旬

の花園の場所が多いようです。

 

スポンサーリンク

 

あじさいの花畑Top1~4紹介!

4位:形原温泉あじさいの里

形原温泉あじさいの里

(愛知県蒲郡市金平町一ノ沢28−1)

 

毎年6月1日~6月30日の1ヶ月間、

あじさい祭りを開催します。

 

植裁された5万株の

アジサイが咲き乱れ、

期間中は毎年約10万以上の

見物客が訪れます。

 

さらに、

夜間ライトアップの景観は幻想的で、

運が良ければホタルも見れます。

 

3位:21世紀の森公園

21世紀の森公園

(岐阜県関市板取2340-5)

 

国道256号を経由し、

主要地方道白鳥板取線の

板取川に沿った道沿い約24kmには

約7万本のあじさいが咲きます。

 

ここは

「あじさいロード」と呼ばれ、

「日本の道百選」

に選ばれています。

 

そしてその道の先にある

「21世紀の森公園」には

約3万本ものあじさいが咲いています。

 

2位:麻綿原高原

TS313564

(千葉県夷隅郡大多喜町筒森1749)

 

標高340メートルにある

麻綿原高原は関東随一の

アジサイの名所として知られています。

 

妙法生寺(天拝園)を中心に、

約2万株ものアジサイが

咲いている景色は壮観です。

 

あじさいの開花は高原のため、

7月上旬~7月下旬が見頃です。

 

また、

麻綿原高原は全国でも有数の

ヒメハルゼミの大生息地でもあります。

 

1位:明月院

明月院

(神奈川県鎌倉市山ノ内189)

 

明月院は鎌倉の

「鎌倉三大あじさい」と呼ばれ、

シーズン中は

入場制限するほど大混雑します。

 

そのあじさいの美しさから、

明月院は通称「あじさい寺」

と呼ばれます。

 

因みに、

寺には駐車場はないので、

車でなく電車やバスなどの

交通機関を利用した方が良いです。

 

雨のときに輝く花、

それがあじさいだと思います。

 

6月の雨にも負けず、

しっとりと忍耐強く咲く

あじさいは美しいと思います。

 

そのあじさいの花を見に行くときは、

あらかじめ開花情報や交通情報を

調べた上で行くと良いです。

 

因みに、

あじさいは毒がありますので、

食べないよう注意が必要です。

 

関連しまして、

あじさいのこんな秘密は

ご存じでしょうか?

⇒あじさいの花言葉,英語名は?母の日に贈る花!?

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ