チューリップ花畑が見れる場所Top4,見頃時期は?

チューリップと言えば春の花ですね。

 

日本には1863年の幕末に初めて

チューリップが輸入された

と言われています。

 

現在、

日本一のチューリップの産地は富山県で、

県花もチューリップに指定されています。

 

今回はチューリップの花畑が見れる

人気の場所と見頃時期についてまとめました。

スポンサードリンク

チューリップって?

チューリップはユリ科の多年草です。

 

原産地はトルコのアナトリア地方から

カザフスタンにかけて

広範囲に広がっていました。

 

ちなみにチューリップは

トルコの国花に指定されています。

 

16世紀にはトルコからオランダへと

チューリップが伝わり、

そこで様々な品種が作られ、

色々な国に広まっていきました。

 

今ではオランダは

チューリップの輸出大国に成長しています。

 

チューリップはトルコの

オーストリア駐在大使のブスベックによって、

ヨーロッパに紹介されました。

 

スポンサーリンク

 

チューリップの見頃時期は?

チューリップは春に咲く花です。

 

敏感な花であり、

気温が一定を超えないと

開花しない特徴があります。

 

一般的な開花時期は

4月中旬から5月

早咲きのチューリップは

3月下旬から4月中旬

遅咲きの場合は

4月下旬から5月頃

です。

 

チューリップは色によって花言葉が違います。

 

例えば赤いチューリップは

「愛の告白」、

白いチューリップは

「失恋」、

黄色は

「名声、永遠の愛」と、

主に愛に関連する意味が与えられています。

 

チューリップ花畑Top4紹介!

日本で見ることができる

チューリップの名所には

以下のような場所があります。

 

今回はランキングTop4を紹介します。

 

4位:なばなの里

なばなの里

180万本のチューリップが鑑賞できる

チューリップまつりを開催しています。

 

チューリップを使って、

アニメのキャラクター

アンパンマン、ドラえもん、

ちびまる子ちゃん

等を見せてくれます。

 

所在地は三重県桑名市長島町です。

 

入場料は1600円、

小学生未満は無料です。

 

3位:長崎ハウステンボス

長崎ハウステンボス

ハウステンボス

長崎県佐世保市にある

有名なテーマパークでは

チューリップ祭りが開催されています。

 

世界初の有機ELパネルによる

チューリップのライトアップが見所です。

 

入場料は園内施設利用無しの

散策チケットが、

大人4000円、中学、高校生は3000円、

小学生以下が1700円で販売されています。

 

2位:五泉のチューリップ

五泉のチューリップ

県内有数のチューリップの

産地である新潟県五泉市では、

五泉市チューリップまつりを開催しています。

 

畑に植えられた圧巻の150万本もある

チューリップを見ることができます。

 

入場料は無料です。

 

1位:砺波(となみ)チューリップ公園

砺波(となみ)チューリップ公園

富山県砺波市栄町にある

砺波チューリップ公園では、

国内最多の700品種のチューリップを

鑑賞することができる

チューリップフェアを開催しています。

 

国内最大級の300万本の

チューリップが美しく咲き誇っています。

 

入場料は

高校生以上1000円、

小、中学生は300円です。

 

チューリップに関連しまして、

せっかくチューリップを見るなら、

花言葉や名前について

もっと知っておきましょう!

⇒チューリップの

花言葉,英語名,名前の由来は?

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ