牡丹(ボタン)の花言葉,英語名,由来は?王者の花?

「立てば芍薬、座れば牡丹、

歩く姿は百合の花」

という言葉をご存知でしょうか?

 

これはそれぞれの花を

◇芍薬(シャクヤク)

美しい女性が立っている

◇牡丹(ボタン)

美しい女性が座っている

◇ユリ

美しい女性が歩いている

と表現しています。

 

美しい女性の象徴となる

3大花の一つですね。

 

今回はそんな豪華絢爛な

「牡丹(ボタン)」

の花言葉、英語名、由来等を紹介します。

スポンサードリンク

プロフィール(英語名)

牡丹

◇名前:ボタン
◇名前:牡丹(ぼたん)
◇別名:ぼたん富貴草(フウキグサ)
◇別名:二十日草(ハツカグサ)
◇別名:花神(カシン)
◇別名:花王(カオウ)
◇英語名:Tree peony
◇旬:4月

 

牡丹(ボタン)は

花の王「花王」

花の神「花神」

という別名に対し、

シャクヤクは

花の宰相「花相」

という別名を持っています。

 

この二つは似ていますが、

牡丹(ボタン)は樹木

シャクヤクは草木

です。

 

牡丹(ボタン)の花言葉

牡丹(ボタン)の花言葉は

その豪華で美しいイメージを

元にしたものが多いです。

◇全体:王者の風格、富貴
◇西洋:恥じらい、人見知り

 

牡丹2

 

「王者の風格」

中国での「花王」「花神」

という別名が由来します。

これは花の気品が圧倒的

ということでつけられた名前です。

 

「富貴」

江戸時代に富裕の象徴として

家紋の柄に使われたことが由来しています。

 

「恥じらい、人見知り」

花を咲かすととても綺麗ですが、

花を咲くまで時間がかかること

が由来となっています。

 

スポンサーリンク

牡丹(ボタン)の名前由来

中国では

「牡丹」の音読みがボタン

であったことから

この名前がついています。

 

また、

別名「二十日草」というのは、

花が咲く期間が20日間

であることから呼ばれています。

 

平安時代の

「本草和名」の和歌では

「深見草(ふかみぐさ)」

という牡丹(ボタン)の別名があります。

 

和歌では「二十日草」

と表現されることもよくあったそうです。

 

牡丹は与謝野晶子も認められた?

これほど有名な花となると、

与謝野晶子の歌集「みだれ髪」

で詠われています。

 

『おりたちてうつつなき

身の牡丹(ボタン)見ぬそぞろや

夜を蝶のねにこし』

 

これはどういう状況かと言うと、

気持ち良い夜の空気にあたって、

浮ついた気分だった。

 

つい庭へ出てみてみると、

牡丹(ボタン)を見つけました。

 

この静寂の中、

牡丹(ボタン)を見ている姿は、

他の人は寄ることができないほど

迫力がありませんか。

 

これのとらえ方としては、

与謝野晶子がじっとしていても

あふれ出そうな情熱が感じられます。

 

とても美しい花を無意識に

自分と重ね合わせています。

 

つまり、

与謝野晶子自身の魅力が

自由に飛べる蝶までも止めてしまう。

 

与謝野晶子のとてつもない

自分への自信を見られます。

 

牡丹は傷を癒す?

牡丹(ボタン)の学名はPaeony。

 

これは

「癒し給う者」

という意味です。

 

この語源はギリシャ神話の

医の神「パイオン」

です。

 

ギリシャ神話でも

牡丹(ボタン)と芍薬(シャクヤク)は

かつて薬草として使われました。

 

黄泉の国王「プルート」

がひどい怪我をした際、

医の神「パイオン」は

オリンポス山から採ってきた

ボタン(シャクヤク)の根で治療しました。

 

現実に牡丹(ボタン)は

①根を水洗い

②根皮を切る

③乾燥して煎じる

という工程で薬が作られています。

 

効果としても

止血、鎮痛、

月経不順、便秘、消炎、

など様々な作用があります。

 

日本には牡丹園というのが

あるのをご存じでしょうか?

王者の風格漂うこの花を

たくさん見れる場所はどこにあるのでしょう。

⇒牡丹(ボタン)の花畑が見れるTop3!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ