花言葉一覧「ごめんなさい」を伝える花ランキングTop5!

カテゴリ「花言葉ランキング
2018.12.04
2020.01.03

この記事は約 3 分で読めます。

いつもは仲が良くても、

時に衝突してしまうこともあります。

 

そんな時は、

やはり素直に謝るのが一番です。

 

でも、

「直接伝えるのが難しい」

「背中を一押しして欲しい」

と、花を贈ることで

自分を励ます勇気をくれます。

 

今回はそんな

「ごめんなさい」と伝えるために

後押しをしてくれる

花言葉を持った紹介したいと思います。

花言葉一覧「ごめんなさい」を伝える花ランキングTop4~5!


 
それではさっそく

謝罪の言葉を伝えるのに

ふさわしい花を紹介していきます。

 

5位「ディアスシア」
 

 
◇花言葉「私を許して」

あまり聞き慣れない名前ですが、

ユニークで可愛らしい花です。

 

花びらの1枚だけが大きく、

距(花の裏側にあるとがった袋状のもの)が

2つあるのが特徴的。

 

謝罪の気持ちを伝える花言葉は

実はあまり多くないのですが、

ディアスシアはそんな数少ない謝罪の

花言葉を持った花です。

 

人は怒ると自分自身や相手に

罪悪感を持つものです。

 

いつも仲の良いもの同士なら、

なおさら仲違いしている状態は辛いです。

 

「怒って申し訳ない」ということを

素直に伝えれば

お互い落ち着いて話しやすくなるでしょう。

 

4位「スズラン(鈴蘭)」
 

 
◇花言葉「再び幸せが訪れる」

しんしんと降る雪のような

小さく白い可憐な花です。

 

丸っこい鈴状の小花が密集している様は、

とてもロマンティックな雰囲気。

 

お互い衝突して険悪な仲になっても、

仲直りしてもとに戻ることができます。

 

そしてまた幸せな時を過ごすことができます。

 

前向きで力強い花言葉ですね。

 

スズランの愛らしい花姿に、

怒りの感情も鎮まって

優しい気持ちになっていきます。

⇒スズラン(鈴蘭)の花言葉,英語は?
 

花言葉一覧「ごめんなさい」を伝える花ランキングTop3!


 
先程紹介した物より

気持ちを伝えるのに適した花

TOP3を紹介していきます。

 

3位「フジ(藤)」
 

 
◇花言葉「決して離れない」

日本古来の花の1つであるフジ。

 

淡い紫の花々が長くしだれる姿が

非常に美しいです。

 

「たとえ喧嘩しても、

やっぱり本当は大好きだから

離れることができない」

という気持ちを

表現しているみたいですね。

 

優しい紫色に心も

穏やかになっていくでしょう。

 

花姿も花言葉も叙情的なフジは、

どんな人も和やかな気持ちする

魔法のような花ですね。

⇒フジ(藤)の花言葉,英語は?
 

2位「シラー」
 

 
花言葉◇花言葉「さみしい」

いくつもの小花が集まって大きな円形状に見える

ユニークな花です。

 

青紫の花色が幻想的な雰囲気を

醸し出しています。

 

喧嘩した時はものすごく怒っていても、

時間が経って落ち着いてくると、

辛くさみしい気持ちになってきます。

「あなたと喧嘩して本当はすごくさみしい」と伝えることも

仲直りには大事です。

 

シラーは「さみしい」以外に、

  • 「辛抱強さ」
  • 「多感な心」
  • 「変わらない愛」
  • 「不変」

などの人間関係にも通ずる花言葉を

たくさん持っています。

 

家族、友人、恋人との間で悩んだ時、

シラーの花が心強い味方に

なってくれるかもしれませんね。

 

1位「カモミール」
 

 
◇花言葉「ごめんなさい」

謝罪の気持ちを伝えるのに、

一番ストレートな言葉ですね。

カモミールは他に、

「逆境に耐える」「苦難の中の力」

という花言葉も持っています。

地面を這うようにして生え、

踏まれれば踏まれるほど丈夫に育つことに

由来しています。

リンゴのような甘く爽やかな香りが

特徴のカモミール。

 

古くから薬草として使われ、

現在でもハーブティーや入浴剤、

スキンケア用品などに

よく用いられています。

⇒カモミールの花言葉,英語は?

 

どうでしたか?

謝ることは、とても勇気のいる行為ですが、

この1歩が踏み出せれば必ず辛い状況を変えられます。

ポンと優しく背中を押してくれるような花言葉があれば、

きっと素直な気持ちを伝えられるはずです。
 

この記事を書いた人

あき
あき
花が大好きで作った趣味サイトです。皆さんから「花が好きになった!ためになった!」などのコメントをもらえてとても楽しく運営しています。

こんな記事もあります!

SNSでシェアしよう!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ