初心者用!「ハーバリウムランプ」の作り方とは?

この記事は約 3 分で読めます。

「話題のハーバリウムランプを作りたいな」

そう思っている方にお勧め!

 

実は自分でお店のような物が作れる

って知っていましたか?

 

そこでここでは

できるだけ失敗せずに簡単に作る方法を

紹介したいと思います。

 

今回はハーバリウム自体よく分からない

という方もあると思うので

・ハーバリウムとは何か

・ハーバリウムランプの簡単な作り方

についてまとめました。

スポンサーリンク

「ハーバリウムランプ」って何?

まず、「ハーバリウム」とは

簡単に言うと植物を研究や鑑賞のために

標本にしたものです。

 

しかし、それをフラワーインテリアとして、

オシャレに見せるものです。

生花を乾燥させたドライフラワーや、

生花に特殊な加工をほどこしています。

 

また、これはご存知と思いますが、

きれいな色あいを保つために作られた

プリザーブドフラワー。

 

これが元となり、

進化したフラワーインテリアと言っても

過言ではないでしょう。

 

そして最近では透明なオイルをいれた、

自宅観賞用のきれいな花の

ハーバリウムが売り出されました。

 

つまり、

ハーバリウムに油をそそぎこんだランプが、

「ハーバリウムランプ」ですね。

花できれいに見せる

ロウソクのようなもので、

アロマランプのようなイメージです。

スポンサーリンク


「ハーバリウムランプ」の作り方は?(材料)

ハーバリウムランプを初めて作成する場合は、

主に必要な道具は以下の通りです。

・ドライフラワーやプリザーブドフラワー

・ピンセット

・キャンドル用油

・火をつける芯

・キャンドルが使用可能なガラス瓶

 

ハーバリウムランプには、

主にドライフラワーもしくは

プリザーブドフラワーを使いますが、

費用がかかるので

造花などを組み合わせて使う人もいます。

「ハーバリウムランプ」の作り方は?(フロー)

①瓶に花を入れる

ドライフラワーや

プリザーブドフラワーなどを

ピンセットで丁寧に瓶の中に入れます。

 

入れかたによって大きく

ランプの見え方が変わってきます。

 

ハーバリウムランプは

主にインテリア要素が強いので、

花の見え方は重要ですめ。

 

②瓶に油を入れる

次にキャンドル用の油を瓶にそそぎこみます。

 

リキッドキャンドルというものを

通販で手に入れると良いです。

 

初心者は

少しずつ注ぎ途中で花をたすのも

形が崩れにくいので良いでしょう。

 

また、ここれ

心が安らぐような香りも感じたい人は

キャンドル用のアロマオイルも

混ぜても良いです。

 

オイルは瓶の8分目くらいまで入れましょう。

 

最後にふたをして芯をいれたら完成です。

 

思っていたより簡単じゃないですか?

 

ただし、

似たような道具を1から集めても

失敗する可能性があります。

 

なので通販で買える

「ハーバリウムランプ作成キット」

を買うのがオススメです。
 

 
ハーバリウムランプ 制作用ランプ オイルセット 燃焼時間6時間タイプ φ4cm×H4.2cm 【 オイルランプ 容器 ハーバリウム ランプ キット オイル ランプオイル セット 材料 資材 用 専用 日本オイル工業 MURAEI ムラエ Lunax 】
 
まずは一度作ってみて、

慣れたらビンなどから探し、

自分だけのオリジナルハーバリウムランプ

を作ってみましょう。

ここまでハーバリウムランプの

作り方を見てきました。

 

簡単に作れそうですが、

同じ色の同じ花を使ったとしても

入れ方だけで大きく見た目が変わってきます。

 

1人で作るのが不安な人は、

個人レッスンなどもあるので

探すのもありかなと思います。

 

とにかくまずは一度、

チャレンジしてみてはどうでしょうか!
 

\ SNSでシェアしよう! /

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ