花言葉一覧「年越し」に使える花ランキングTop3!

大掃除も終わり

一段落して年末になると、

ほっと一息つく時だと思います。

 

その年末の時には

恒例のNHK紅白歌合戦、

年越しそば、除夜の鐘などの

イベントが行われ、

楽しみしている方も多いと思います。

 

また、

年末に年越しそばが食べるのは、

「健康長寿」「家運長命」

などの縁起をかついで食べると思います。

 

そこには家族の幸せを願う

気持ちがあるのだと思います。

 

その年末の時に花を

贈ってみてはどうでしょうか。

 

1年の最期を締めくくる日だからこそ、

大切な人に感謝の気持ちを贈るのです。

 

ここでは個人的に選んだ

年末に贈る花の花言葉ランキング

について紹介します。

 

スポンサードリンク

花言葉一覧「年越し」に贈る花Top2~3!

3位:ポインセチア

ポインセチア

 

ポインセチアは

別名「クリスマスフラワー」

とも呼ばれ、メキシコ原産の花です。

 

そのポインセチアは緑と赤の

コントラストが華やかで美しく、

クリスマスカラーに最適な花だと思います。

 

そのポインセチアの全般の花言葉は

「祝福」「幸運を祈る」

「私の心は燃えている」

「清純」

になっています。

 

詳細はこちら!

⇒ポインセチアの花言葉,由来は?

 
2位:シンピジウム

シンビジウム

 

シンビジウムは

ラン科シュンラン属の植物で、

ランの中でも

丈夫で育てやすいといわれ、

冬のプレゼントとして人気があります。

 

日本には1859年に

「トーマス・グラバー」によって

持ち込まれたといわれています。

 

そのシンピジウムの花言葉は

「飾らない心」「素朴」「壮麗」

「華やかな恋」「高貴な美人」

「誠実な愛情」「深窓の麗人」

です。

 

花持ちが長いといわれ、

しっかりと管理すれば1ヶ月以上

開花した花を楽しむことができるようです。

 

詳細はこちら!

⇒シンピジウムの花言葉,英語名は?

 

スポンサーリンク

 

花言葉一覧「年越し」に贈る花Top1!

1位:シクラメン

ポインセチア

 

シクラメンは

サクラソウ科シクラメン属の多年草で、

別名、豚の饅頭、篝火花(かがりびばな)

と呼ばれています。

 

日本には明治時代に伝わり、

戦後に急速に普及しました。

 

「冬の鉢花の女王」と呼ばれ、

クリスマスの季節の花

として定着しています。

 

全般の花言葉は

「遠慮」「気後れ」「内気」

であり、

花色で

赤は「嫉妬」

白は「清純」

ピンクは「憧れ」

です。

 

内向的な花言葉をもっていますが、

一方で全般の花言葉は「絆」、

赤色の花は「愛情」

の言葉があります。

 

花に罪はないので、

あまり神経質にならず

楽しむのがいいと思います。

 

なお、

日本では「死」「苦」の

語呂合わせで、

縁起が悪いとされているので、

病院の見舞いにシクラメンを

持っていかない方がいいでしょう。

 

詳細はこちら!

⇒シクラメンの花言葉は?

 

1年の最期である年末に花を贈るのは

日頃の感謝の気持ちを

伝えるためだと思います。

 

そのため、

お礼が言いたいけど

素直に感謝の気持ちが言えなくて

恥ずかしい時は、

花を贈るのが最適だと思います。

 

花を贈るのは

素敵なことだと思いますので、

贈った方が喜んで頂けるといいですね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ