花言葉一覧「クリスマス」に贈る花ランキングTop3!

クリスマスになると

ケーキやチキンなどを購入して、

家族で祝う方々も多いと思います。

 

また、

ホームパーティーなどを計画して、

プレゼントを用意している方も

いると思います。

 

そのプレゼントに添える形で

花をさり気なく贈ってみると

良いかもしれません。

 

プレゼントに花を贈って飾ることで

クリスマスの楽しい気分を

盛り上げてくれると思います。

 

今回はクリスマスに贈る

花言葉ランキングについてまとめました。

 

スポンサードリンク

花言葉一覧「クリスマス」に贈る花Top2~3!

3位:薔薇
 
バラ
 
薔薇の花は

「美の女神ビーナスの花」とも言われ、

女神の流した涙から咲き出した

という伝記があります。

 

そのバラは全般的な花言葉の意味として、

「愛」「美」になります。

 

また、

花色ごとに様々な花言葉があります。

 

赤色は「愛情」

白色は「深い尊敬」

ピンクは「しとやか」

など素敵な花言葉があります。

 

そのため、

色違いのバラをそれぞれ

コーディネートして贈ってみるのも

いいと思います。

 

ただし、

黄色のバラの花言葉は

「嫉妬」ですので、

控えたほうが無難だと思います。

 

詳細はこちら!

⇒薔薇(バラ)の花言葉,英語名は?

 
2位:ポインセチア

ポインセチア
 
ポインセチアは

別名クリスマスフラワーとも呼ばれ、

クリスマス時期に映える鮮やかな

赤色は多くの方に人気のようです。

 

ポインセチアの特徴は花のように

見える部分は実は葉っぱで、

花の中心部分に

見えるところが花びらです。

 

そのポインセチアの花言葉は

赤色が「祝福」「私の心は燃えている」

白色は「幸運を祈る」

ピンクは「思いやり」「清純」

です。

 

定番は赤色で、

赤と緑のコンテラストで

クリスマスに最適だと思います。

 

詳細はこちら!

⇒ポインセチアの花言葉,由来は?
 

スポンサーリンク


 

花言葉一覧「クリスマス」に贈る花Top1!

1位:クリスマスローズ

クリスマスローズ
 
クリスマスローズの名前は

クリスマスの時期になると

バラのような白い花を

咲かせることに由来します。

 

日本では明治から大正にかけて

薬用植物として導入され

「初雪起し」「寒シャクヤク」

などと呼ばれていました。

 

そのクリスマスローズの花言葉は

「追憶」「私を忘れないで」「慰め」

など労りの言葉になっていますので、

日頃の感謝を込めて

贈ると良いと思います。

 

詳細はこちら!

⇒クリスマスローズの花言葉,英語名は?

 

クリスマスにプレゼントの花を

贈ることは素晴らしい事だと思います。

 

寒い冬だからこそ花を贈ることに

希少価値が出てくるのではないでしょうか。

 

また、

クリスマスのカラーの緑、赤、白には

それぞれ意味があります。

 

赤はキリストの血(情熱と愛)

緑は常緑樹の葉の色(生命力)

白は純潔(純白)

を表しています。

 

そのためクリスマスに贈る花は

その色を意識して贈ってみても

いいと思います。

 

ただ、

花屋さんで自分が買いたい花が

入荷していない場合などがありますので、

前もって花屋さんに相談して

購入するのがいいと思います。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ