スノーフレーク(鈴蘭水仙)の花言葉,英語名は?

スノーフレークはスズランに似たベルを

ひっくりかえしたような花と、

スイセンのような細長い線形の葉をもつ

ヒガンバナ科の球根植物です。

 

「スノーフレーク(雪のかけら)」

の名前のとおり、

小さくかわいらしい花が印象的です。

 

今回はそんな

スノーフレークの花言葉や英語名

についてまとめました。

スポンサードリンク

プロフィール(英語名)

スノーフレーク2

◇名前:すのーふれーく
◇名前:スノーフレーク
◇和名:鈴蘭水仙(スズランスイセン)
◇別名:大待雪草(オオマツユキソウ)
◇別名:夏雪花(ナツユキノハナ)
◇学名:Leucojum aestivum
◇英語名:Summer Snowflake
◇英語名:Loddon lily
◇旬:3月~5月

 

スズランのような花と

スイセンのような葉から、

別名「スズランスイセン」とも呼ばれます。

 

花びらの端には緑色の斑点が見られます。

 

日本では3~5月ごろに開花期を迎えます。

 

原産地はオーストリア、ハンガリー

を中心とする中部ヨーロッパです。

 

日本に持ち込まれたのは昭和ごろで、

現在では球根や花に含まれる成分が

アルツハイマー病の治療薬として

効果が期待されています。

 

開花期は日本と異なり

7月〜8月ごろ開花することから、

ヨーロッパでは

「サマー・スノーフレーク

(Summer Snowflake)」

と呼ばれます。

 

「スノーフレーク」は

9種類ほどヨーロッパに分布していますが、

通常「スノーフレーク」といえば、

ギリシャ語で「夏の白いすみれ」を意味する

「リューコジャム アエスティウ

(Leucojum aestivum)」

を指します。

 

スノーフレークの花言葉

◇全体①:純粋、純潔
◇全体②:汚れなき心
◇全体③:皆を引き付ける魅力

スノーフレーク

スノーフレークの花言葉には

「純粋」や「皆を引き付ける魅力」

などの白い花の小さく可憐な様子から

イメージされている言葉です。

 

花びらの先端にある緑色の斑点が、

花の可憐さを一層

際立てていることから

「汚れなき心」

などの言葉がつけられました。

 

スポンサーリンク

スノーフレークの名前由来

学名であるの

「Leucojum aestivum(レウコユム)」は、

ギリシャ語の

「Leucojum(白いすみれ)」

が由来となっています。

 

その理由は、

スノーフレークの花の香りが

スミレに似ていること

から名づけられました。

 

和名である

大待雪草(オオマツユキソウ)は、

スノーフレークによく似た

「スノードロップ(待雪草)」

という花が由来となっています。

 

スノーフレーク(大待雪草)が

草丈30〜50cmに成長するのに対し、

スノードロップ(待雪草)は

草丈10〜50cmと小ぶりです。

 

花の形もイヤリング状で、

スノーフレーク(大待雪草)

とは大きく異なります。

 

スノーフレークは食中毒に注意!?

スノーフレークには

スズランやスイセンのように

毒性を持ちます。

 

食べると、

吐き気や下痢、嘔吐といった

症状を引き起こします。

 

葉がニラと似ているために

誤って食べてしまい、

食中毒となってしまった事故もあります。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ