スズカケノキの花言葉,英語名は?AKBでも有名!?

街路樹や公園樹として広く植えられる

スズカケノキ(プラタナス)は、

4月から5月に

花をつける落葉広葉樹です。

 

この花は

AKB48、森山直太朗、

松任谷由実、さだまさしなどの、

超有名アーティストが曲に

「スズカケノキ」

を使用したりと、

私たちにとてもなじみ深いんです。

 

今回はそんな

スズキノカケキの

花言葉や英語名についてまとめました。

スポンサードリンク

プロフィール(英語名)

スズカケノキ

◇名前:すずかけのき
◇名前:スズカケノキ
◇名前:ぷらなたす
◇名前:プラナタス
◇和名:鈴懸の木
◇和名:篠懸の木
◇英語名:Platanus
◇英語名:Platanus orientalis
◇旬:4月~5月

 

スズキノカケキの特徴は、

顔を覆えるほど大きな葉っぱです。

 

葉の形はカエデにに似ていて、

開花期は4月〜5月、

10月〜12月ごろに

黄褐色の果実をつけます。

 

冬には葉が落ちてしまいますが、

曲がりくねった枝や

特徴的な実が多く残り、

冬でも魅力的な

公園樹、庭園樹、街路樹は人気です。

 

原産地は

ヨーロッパ南東部、

西アジア、ヒマラヤと広く、

日本には明治時代に

街路樹として

「モミジバスズカケノキ」

が持ち込まれました。

 

スズカケノキの花言葉

◇全体①:天才
◇全体②:好奇心
◇全体③:天恵

 

花言葉の由来は古代ギリシャの

医学の祖ヒポクラテス

哲学者プラトン

がプラナタスの木の下で

学問の講義やをしたことから、

「天才」や「天恵」といった

言葉が使われるようになりました。

 

スポンサーリンク

 

スズカケノキの名前由来

プラタナスの葉の特徴である

「大きさ」「広さ」をあらわす、

ギリシャ語の platys(広い)

が語源とされています。

 

また、

和名である「スズカケノキ」

の語源には諸説あります。

 

スズカケノキの果実の形が、

楽器の鈴がぶら下がった形

に似ていることから

「鈴懸」とされたり、

山伏が着る篠懸(すずかけ)に

似ていることから

「篠懸」と呼ばれます。

 

スズカケノキが登場する作品がいっぱいある?

冒頭でも紹介した通り、

この花は色々なものに出てきています。

 

◇AKB48の曲

「鈴懸の木の道で

「君の微笑みを夢に見る」

と言ってしまったら

僕たちの関係は

どう変わってしまうのか、

僕なりに何日か考えた上での

やや気恥ずかしい

結論のようなもの」

 

◇松任谷由実の曲

「星のルージュリアン」

「September Blue Moon」

「サンドキャッスル」

 

◇さだまさしの曲

「主人公」

 

◇森山直太朗の曲

「金色の空」

 

◇他にもこんなに

「AKB(J・K・ローリング)」

「銀河鉄道の夜(宮沢賢治)」

「壁(安部公房)」

 

また、聖書にも

「ヤコブは、ポプラとアーモンドと

プラタナスの木の若枝を取って来て〜

(創世記30章 37節) 」

と記述されており、

古来から幅広く愛されてきました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ