タイサンボクの花言葉,英語名は?お酒に使える!?

タイサンボクは高さが

10m以上になる大きな樹木で、

公園樹や街路樹としてよく用いられます。

 

花は高木にならないと

咲かない事が多く、

次々と花を咲かせるものの、

花の寿命が1~2日ということもあり、

綺麗な状態の花をみる機会は

あまり多くないかもしれません。

 

花の大きさは子供の

頭位の大きさにもなり、

ひとつの花弁は

手のひらよりも大きくなる物も。

 

日本で見られる

樹木に咲く花としては

最大級といっていいでしょう。

 

そんなスケールの大きい

タイサンボクの花言葉や英語名を

まとめました。

スポンサードリンク

プロフィール(英語名)

タイサンボク
 
◇名前:たいさんぼく
◇和名:泰山木、大山木
◇別名:白蓮木(ハクレンボク)
◇英語名:Southern magnolia
◇英語名:Bull bay
◇学名:Magnolia grandiflora
◇旬:6~8月
 
俳句では初夏の

季語となっているくらい、

夏になじみのある花です。

 

その反面、

誕生花は6/8 6/17 12/16

と12月も入っていることに驚きですね。
 

タイサンボクの花言葉

◇全体①:前途洋々
◇全体②:壮麗・威厳・真の輝き
 

これらの花言葉は

大きな樹木に立派な葉、

そして雄大に咲き芳香を放つ

白い花にちなんでいる

と言われています。
 

スポンサーリンク

タイサンボクの名前由来

名前の由来には二つの説があります。

 

花の形が大きな盃に見えることから

「大盃木」がなまって、

タイサンボクになったという説。

 

丈が大きく葉も花も

立派で大きい事から、

中国の山東省にある霊山「泰山」

になぞらえたと諸説あります。

 

日本での呼び名が

「タイサンボク」のため、

中国原産の様に思えますが、

日本には明治時代に入ってきた

アメリカ中南部が原産の樹木です。

 

ミシシッピ州とルイジアナ州では州の

花にもなっています。

 

また、

英語名の

「Southern magnolia」は

南部のマグノリア(モクレン)

という意味で、

ミシシッピ州は

「Magnolia state(マグノリア州)」

という愛称で呼ばれることもあります。
 

風水&お酒に使える花!?

タイサンボクは

その発音が「退散」と同じなので、

いやがられる地域もあるようですが、

良い香りのする花は

風水では吉とされています。

 

植える方角としては、

北・南西・西が良いそうです。

 

さらに、

開花した花はあっという間に

終わってしまうのですが、

その花びらが美しいうちに

手に入ったらぜひ試してみたいのが、

花弁を盃にしてお酒を飲むこと。

 

言い伝えによると、

その芳香漂う花びらでお酒を飲むと

不老長寿になれると言われています。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ