花言葉一覧「お盆&墓参り」に使う花ランキング6!

お盆やお墓参りには、白、黄、紫などを

メインにした花が一般的です。
 

故人が好きだった花なら

どんな花でも良いと思うかもしれまえん。
 

しかし、基本的にはとげがある花や

香りが強い花、独がある花は避けましょう。
 

具体的には、バラやアザミなどは

適さないといえます。
 

そこでここでは

「お盆、墓参り」によく使用される花言葉

をまとめました。

 

スポンサードリンク

「お盆、墓参り」に使える花言葉4~5位!

6位:リンドウ
 
リンドウ
 
リンドウの花言葉は

  • 悲しんでいるあなたを愛する
  • 正義
  • 誠実
  • 愛らしい
  • 固有の価値

です。
 

野山に凛として花を咲かすリンドウは

その名の姿にぴったりな花言葉です。
 

そんなリンドウの花言葉や英語名について

気になる方は下記より確認してみて下さいね。
 
⇒リンドウの花言葉,英語名,由来は?

4位:アイリス
 
アイリス
 
アイリスの花言葉は

  • 希望
  • 信じる心
  • 知恵

です。
 

白のアイリスには

「あなたを大切にします、純粋、思いやり」

といった花言葉があります。

 
プロポーズに贈るのにも人気の花です。

 
その他に「プロポーズ」に贈る花の

ランキングをまとめたので、

気になる方はぜひこちらもご覧ください!

「プロポーズ」に贈る花ランキング!

 

スポンサーリンク


 

「お盆、墓参り」に使える花言葉3~4位!

4位:ユリ(百合)
 
百合2
 
ユリの花言葉は

  • 純粋
  • 無垢
  • 威厳
  • 洗礼された美

です。
 

ユリ全般にこのような花言葉があります。
 

白のユリはこの花言葉の代表的な花です。
 

赤のユリには「虚栄心、富と繁栄」

ピンクのユリには「やさしさ、暖かさ、願望」

という花言葉があります。

 
ユリの花言葉や贈るタイミングなど

気になる方は確認してみて下さい。
 

⇒百合(ゆり)の花言葉,英語名は?
 

3位:カーネーション
 
カーネーション
 
カーネーションの花言葉は

  • 無垢で深い愛

無垢で深い愛、とは

カーネーション全般の花言葉です。
 

母の日でよく使用される

赤のカーネーションには

「母への愛、深い愛、敬愛、感嘆」

などの花言葉があります。
 

ピンクのカーネーションには

「熱愛、あなたを決して忘れません」

などの花言葉があります。
 

白のカーネーションには

「純粋な愛、私の愛は生きています」

ピンクや白のカーネーションからは

生涯忘れまいとする気持ちが

伝わってくるようです。
 

紫のカーネーションには

「誇り、気品」と花言葉があります。
 

お墓参りに適した花であると言えます。
 

お供えするのであれば

赤以外のカーネーションが良いでしょう。

 

カーネーションついて詳しく知りたい方は

下記も確認してください。

⇒カーネーションの花言葉,由来は?

⇒カーネーション花畑が見れる場所は?
 

「お盆、墓参り」に使える花言葉1~2位!

2位:スプレーマム
 
スプレーマム
 
スプレーマムの花言葉は

  • あなたを愛しています
  • 逆境の中で元気
  • 謙遜
  • 清らかな愛

スプレーマムは小さな菊の一種で、

アメリカで品種改良された

小さな花が魅力的な西洋菊です。
 

日本での栽培は1975年頃本格的に

行われるようになりました。
 

庭植えや、鉢植えなどに適する多年草です。
 

1位:菊(キク)
 
菊(赤)
 
菊の花言葉は

  • 高貴
  • 高潔
  • 高尚

これは菊全般の花言葉です。
 

菊の花も、色によって花言葉が異なります。
 

人格が優れ、立派な人や高学歴な人に

贈るのに適した花言葉です。
 

黄色の菊には、「破れた恋」

という花言葉があるので

お盆や墓参りで使う花としては避けましょう。
 

白い菊には「真実」という意味があります。
 

⇒菊の花言葉,英語名,由来は?
 

お盆や墓参りで使用される花言葉を調べて

相手に伝えたい言葉をそっと

添えることもできます。
 

花言葉を知っていれば、お供えする花への

考え方も少し変わってくる

のではないでしょうか。
 

ぜひ参考にしてください。
 

日本には「お盆、墓参り」以外にも

四季を彩る場面で花が利用されています。
 

様々なイベント時期にぴったりな花言葉を

一度確認してみてはいかがでしょうか。

⇒花言葉一覧「クリスマス」に贈る花は?

⇒花言葉一覧「新年、正月」に使える花は?
 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ