時計草(とけいそう)の花言葉,英語名,名前由来は?

鮮やかな色合いと特徴的な花を持つ時計草。

 

あまり知られていませんが、

有名なデザイナーである

ミュシャが描いたキリスト受難の花として

キリストの後ろに時計草が描かれています。

 

そんな時計草の

花言葉や英語名などをまとめました。

スポンサードリンク

プロフィール(英語名)

英語名

名前:トケイソウ
別名:梵論葛(ぼろんかずら)
和名:時計草(とけいそう)
英語名:Passion flower
旬:7月~8月

 

時計草は中央アメリカなど

熱帯地域を原産として

品種の数は多く500種を数えます。

 

主に観賞用として有名で庭先などに

植えて楽しむのが一般的です。

 

パラグアイでは国の花に認定されています。

 

日本には江戸時代に入ってきたという事で、

かなり古くから日本でも親しまれています。

 

時計草の花言葉

全体:聖なる愛、聖なる力
全体:信仰、信心、狂信、信じる心
全体:宗教的情熱、隠し持った情熱
全体:恋の激しい苦しみ
全体:奇抜、受難

花言葉

時計草には宗教的な意味合いを持ちます。

 

その事がイメージされ、

聖なる愛などの花言葉がイメージされました。

スポンサーリンク

時計草の名前由来

時計草という名前はその花の姿に由来します。

 

花の様子がまさしく時計のように

見える事からイメージされました。

名前の由来

英語名passion flowerは

情熱のpassionではなく、

キリスト教での

「キリストの受難」

の意味を持つ言葉からイメージされました。

 

これはラテン語のflos passionis

という言葉が基となっています。

 

この時計草を見た宣教師達は

磔にされたキリストの姿を

イメージしたと言われています。

 

時計草はキリスト教と深い関係がある?

時計草は英語名のpassion flowerに

代表されるように

キリスト教徒の結び付きが大きいです。

時計草

その事は歴史の中でも証明されており、

スペインの宣教師たちは

ペルーでこの花を発見した際に

「布教のシンボル」

として利用されました。

 

これはキリスト教の布教を

各地域の生活と密着するように

広めていた事も大きく関係しました。

 

中南米では時計草を宗教と結びつける事で

地域の中に溶け込むように浸透しました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ