ベンジャミンの花言葉,英語名は?風水の効果は?

観葉植物として人気の高いベンジャミン。

 

緑の青々とした感じと

手入れも少ない事から大人気です。

 

ベンジャミンは緑の葉が印象的ですが、

花も優しい小さな花が咲きます。

 

観賞用として目立たず控えめな花は

観賞用としてどんな場所にも似合います。

 

そんなベンジャミンの

花言葉、英語名、風水情報

などをまとめました。

スポンサードリンク

プロフィール(英語名)

英語名

名前:ベンジャミン
和名:枝垂れ榕樹(しだれがじゅまる)
別名:ベンジャゴム
別名:ベンジャミンゴムノキ
別名:ベンジャミナ
英語名:ficus benjamina
英語名:Benjamin tree
英語名:weping flg
所属:クワ科フィカス属
旬:一年中

ベンジャミンは

インドや東南アジアなどの

熱帯地域を原産に持ちます。

 

たくさんの名前を持つ花で、

一般的にベンジャミンと呼ばれるのは

フィカスベンジャミンです。

 

園芸品種はスターライトという品種が

人気の種類になります。

 

観葉植物として人気の高い

ベンジャミンは耐寒性もあり、

初心者でも育てやすいです。

 

陽当たりに注意して育ててあげると

緑の葉の色がより一層鮮やかになります。
 

ベンジャミンの花言葉

全体:家族の絆、夫婦の愛
全体:結婚、永遠の愛
全体:融通のきく仲間、信頼、友情

ベンジャミンは風水やインドなどで

聖なる木として扱われるなど

前向きで縁起の良い花言葉が多いです。

 

「家族の絆」「夫婦の愛」は

インド・ネパールで聖なる木

として扱われている事が影響して

つけられた花言葉です。
 

スポンサーリンク

ベンジャミンの英語名由来

英語名のficus(フィカス)は

古代ラテン語のいちじく

を語源にしています。
 

ベンジャミンの風水効果

ベンジャミンに限らず

観葉植物は風水と深い関係があります。

 

ベンジャミンは品種によって、

風水と照らし合わせて

置き場所を決めていきます。

 

ベンジャミンの風水における役割は

人間関係などを円滑にする効果

があると言われ、

家全体の気をうまく流す役割を持ちます。

 

さらに、

喜びをもたらす効果もあり、

東南方向や北西方向に置く事で

仕事運や社交運に効果があります。
 

ベンジャミンの効果的でオシャレな置き方は?

具体的にベンジャミンの置き場所は

家族のそろう場所が良いです。

 

観賞用として人気の高い

ベンジャミンは種類が多い事で有名ですが、

インテリアに合わすにも

色々な組み合わせがあります。

 

例えば、

落ち着いた緑が特徴的な

フィカスベンジャミンは、

和洋の部屋問わず置けます。
 
花言葉
 
明るい斑点が人気のゴールデンは

白を基調とする部屋でアクセントとして

置くと部屋の雰囲気がかわります。
 
ベンジャミン風水
 
風水の縁起の良い方向と

照らし合わせながら

置き場所を考えるのも

ベンジャミンの楽しみ方の1つです。

 

一度部屋に置いてみるのを

検討してみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ