「ノースポール」の英語は4つ!?ネイティブが使うのはどれ?

今回紹介する英語は

「ノースポール」です。

 

12月~6月という比較的

長い期間咲いている花で

ガーデニングでもよく植えられますね。

 

もともとは「カンシロギク(寒白菊)」

という名前がありましたが、

種を販売している会社の商品名であった

「ノースポール」が一般に広く知られ

この名となりました。

 

さて、今回はそんな

「ノースポール」の英語について

紹介していきたいと思います。
 

◇合わせて読みたい記事

花の「英語名」一覧!(300種類以上!)

「ノースポール」の4つの英語は?

「ノースポール」を表す英語は

以下の4つです。

①「Chrysanthemum paludosum」

②「Leucanthemum paludosum」

③「Mini marguerite」

④「Snow daisy」

 

「ノースポール」は冒頭で紹介した通り、

日本の会社がつけたものなので

花の名前としては海外では通じません。

 

英語ではむしろ「北極」という意味で、

「North Pole」として使われます。

 

では、この花の4つの英語には

どのような違いがあるのか?

一般的にはどの名で呼ばれるのか?

などを見ていきましょう。

スポンサーリンク


「ノースポール」のネイティブが使う英語は?

①「Chrysanthemum paludosum」

【発音:クリサンセマム パルドーサム】

 

これはノースポールの学名です。

 

ギリシャ語の

「chrysos(黄金)」

「anthemon(花)」

が由来とされています。

また、「paludosum」は

「沼」を意味します。

 

和名の由来とは違い、

ノースポールの鮮やかな黄色の部分に

着目してつけられました。

 

②「Leucanthemum paludosum」

これも①と同じ学名ですが、

こちらの表現することもあります。

 

「Leucanthemum」とは

ギリシャ語の

「leukos(白)」

「anthem(讃美歌)」

を組み合わせたものです。

なんともおしゃれな名前ですね。

こちらは和名と同じく、

白に注目して名づけられています。

 

③「Mini marguerite」

【発音:míni- mɑ`ːrgəríːt】

【発音:ミニ マーガレット】

 

英語では一般的に

この名で呼ばれます。

 

これはノースポールが

小ぶりの花で(Mini)

マーガレット(marguerite)

に似ていることから

この名がつけられました。

◇マーガレット写真

確かにそっくりですよね。

 

④「Snow daisy」

【発音:snóu déizi】

【発音:スノー デイジー】

 

これも

③「Mini marguerite」

の由来と同じく、

デイジー(daisy)

という花に似ていること、

雪(Snow)の時期に咲くことから

この名がつけられました。

◇デイジー写真

マーガレットほどではありませんが、

こちらも似ていますね。

 

以上、「ノースポール」の英語

についてご紹介しました。

 

一般的にノースポールを

表す言葉として用いられる英語は

「Mini marguerite」

「Snow daisy」

です。

 

名前の由来としては

何とも安易ではありますが、

確かに3つとも似ている花ですし

覚えやすいかもしれませんね。

 

この機会にぜひ覚えてみてください。

 

また、

この花自体をもっと知りたい方は

こちらも読んでみて下さいね。

ノースポールの花言葉は?その由来も紹介!
 

こんな記事もあります!

サイトナビ!

SNSでシェアしよう!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ