百合(ゆり)花畑が見れる場所Top6,見頃時期は?

百合はユリ科ユリ属の多年草で、

アジア、ヨーロッパなど

広く分布しています。

 

品種は130種類ほどで、

日本にはそのうち15種類があります。

 

草丈30センチ、

大きいものだと2メートルになります。

 

一般的には5月から8月にかけて開花します。

 

百合の花が見られるスポットを

ランキング形式で紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

百合(ゆり)の花畑Top4~6紹介!

 

6位:とっとり花回廊

とっとり花回廊

100品種9万本のゆりが、

見る者の心を和ませます。

 

6月中旬から7月中旬が見頃で、

入場料は大人1000円、

小・中学生500円です。

 

営業時間は午前9時から午後5時で、

夜間営業の際は

午後9時までになります。

 

所在地は鳥取県西伯郡南部町鶴田です。

 

5位:南くりこま高原一迫ゆり園

南くりこま高原一迫ゆり園

200種15万本のゆりが栽培されています。

 

園内にはペットも連れていけます。

 

6月下旬から7月中旬が見頃で、

料金は大人670円、

小・中・高校生は310円になります。

 

営業時間は午前8時30分から午後5時で、

所在地は

宮城県栗原市一迫真坂字清水堰田です。

 

4位:谷汲ゆり園

谷汲ゆり園

約3ヘクタールの土地に

40種30万本のゆりが咲いています。

 

山間の木々の中に色とりどりの

ゆりの花が咲く様は

味わい深いものがあります。

 

6月中旬から7月上旬が見頃で、

料金は大人500円、子供は無料です。

 

営業時間は午前8時30分から午後6時で、

所在地は岐阜県揖斐川町大洞です。

 

スポンサーリンク

 

百合(ゆり)の花畑Top1~3紹介!

 

3位:世羅ゆり園

世羅ゆり園

7ヘクタールの敷地を持つゆり園です。

 

150品種30万本のゆりの景色が広がります。

 

4月中旬から7月上旬が見頃になります。

 

期間中はゆり祭りが開催されています。

 

ゆりのシーズン中は、

有料で園内のゆりを

摘み取ることができます。

 

また、

切り花、球根の販売も行っています。

 

営業時間は午前9時から午後5時です。

 

入場料は大人800円、小学生400円です。

 

所在地は

広島県世羅郡世羅町黒渕権現山

になります。

 

2位:どんでん平ゆり園

どんでん平ゆり園

東京ドーム4個分以上の広大な園内には、

150品種50万本のゆりが

花を咲かせています。

 

園内には展望台もあります。

 

また、

ゆりの根を乗せた

ソフトクリームも販売されています。

 

入場料は大人610円、中学生以下は無料です。

 

営業時間は午前9時から午後5時まで、

金曜日、土曜日は午後8時までです。

 

6月中旬から7月下旬が見頃になります。

 

所在地は山形県西置賜郡飯豊町大字萩生です。

 

1位:富士見高原 花の里

富士見高原 花の里

標高1250メートルの高原にある花の里では、

30種類以上500万本のゆりの花が咲いています。

 

白樺とゆりが植えられたエリアは

花の里でしか見ることができず、

この2つの植物が織りなす

コントラストが神秘的な

雰囲気を漂わせています。

 

また、

日没後から午後9時まで

ライトアップされた

ゆりを期間限定で

観賞することができます。

 

暗闇の中に照らし出された

幻想的なゆりの姿を楽しめます。

 

園内にはゆりの直売所もあります。

 

ゆりの花は

8月上旬から下旬が見頃です。

 

入場料は大人1100円、子供700円で、

営業時間は午前9時から午後5時

になります。

 

所在地は

長野県諏訪郡富士見町境です。

 

百合は当初、食用や薬用として

重宝されていました。

 

日本で百合が

観賞されるようになったのは明治頃からです。

 

「立てば芍薬、座れば牡丹、

歩く姿は百合の花」

と言われるように、

百合の美しさには心惹かれるものがあります。

 

この機会に一度ゆっくり

百合の花を観賞してみてはいかがでしょう。

 

関連しまして、

そんな百合に隠された神話や

花言葉、英語名等を知ってから見ると

違う風景になるのではないでしょうか?

⇒百合(ゆり)の花言葉,英語名は?

プレゼントに注意?

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ